コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

プラント輸出

ASCII.jpデジタル用語辞典の解説

プラント輸出

プラントとは大型の機械や生産設備のことで、例えば、船舶、車両、原動機、製鉄設備などを輸出すること。プラントの特徴はとして、1つは、製造工程に技術、費用が多く必要なこと。もう1つは、契約、製造、引渡しまでの期間が長くかかることがある。こういった特徴から、プラント輸出は通常、分割払いの形式をとることが多い。

出典|ASCII.jpデジタル用語辞典ASCII.jpデジタル用語辞典について | 情報

デジタル大辞泉の解説

プラント‐ゆしゅつ【プラント輸出】

生産設備・装置一式・大型機械などの輸出。技術指導を含むこともある。

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

百科事典マイペディアの解説

プラント輸出【プラントゆしゅつ】

プラント類の輸出。プラントplantとは設備,施設,工場あるいは重機械をさす。契約から引渡しまでに長期間を要し,価格もかさむため,一般に延払い(分割払い)の形をとる。
→関連項目総合商社

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて | 情報

大辞林 第三版の解説

プラントゆしゅつ【プラント輸出】

生産設備や大型機械などの輸出。技術指導を含むこともある。

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

プラント輸出
プラントゆしゅつ
plant export

工場設備や機械設備などを輸出すること。一般には設備の設計,製作,設置をもって完了するが,場合によっては設備をかかえる工場の立地,建設から,それに従事する技師やオペレータの指導,養成までも含む。要するにキーをターンさせれば完全に稼働させうることを条件に契約することも少くない。これを特にターンキー方式の輸出と呼んでいる。輸入国の雇用促進効果や輸出入上の摩擦も少いという利点がある。プラント輸出対象国は,特に中近東東南アジア中南米などの発展途上国が多いが,現地生産力が向上し,輸出国へ製品が逆輸出されるなどの輸出国内産業との競合を招くいわゆるブーメラン現象も現れてきている。また最近では,必要な機械類を欧米から買上げる第三調達形態のものも目立ってきている。長期間にわたって巨額の資金が必要とされ,国家的見地から輸出振興のために日本輸出入銀行 (現国際協力銀行) が設立されている。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

プラント輸出
ぷらんとゆしゅつ
plant export

生産設備や大型機械の輸出を中心とするが、さらには現地での据え付けから稼動までに必要な要素を一括した工場ごとの輸出をも含めてプラント輸出という。プラント輸出には、機械・設備一式を売る場合、設備の設計から施工・運転までを契約する場合(ターン・キー方式)、設備のみでなく土建工事や付帯設備もすべて契約する場合(フル・ターン・キー方式)などがある。また、機種としては、発電プラント(火力や水力の発電所の建設)、通信プラント、海水淡水化プラント、石油精製プラント、繊維プラント、肥料プラント、製鉄プラントなど種々ある。
 このようなプラント輸出は、輸入国にとっては経済発展に貢献するものであり、一方、輸出国にとっては技術集約的で産業・貿易構造を高度化させる要素をもつなど、輸入国と輸出国双方にとって利益が大きいことから、アジア通貨危機(1997)後に大きく落ち込んだものの、2000年代に入り徐々にプラントの成約実績が上向き、2005年度には257億7000万ドルの高い実績を記録した。その後、サブプライムローン問題やリーマン・ショック等の世界的な金融危機を受け、成約実績も減少し、2009年度上期実績では62億ドル(前年度同期比26.4%減)となっている。
 プラント輸出は、1件当りの金額が大きいため代金支払いは通常延払いであること、契約から引渡しまで長期間を要するので危険が大きいことなどから、各国は金融・保険面で公的な支援措置をとっている。日本でも、プラントの輸出者に対して国際協力銀行と市中銀行が協調融資を行い、また、危険をカバーするには貿易保険法による輸出保険制度などを設けている。[田中喜助・前田拓生]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

世界大百科事典内のプラント輸出の言及

【プラント・エンジニアリング産業】より

…東洋エンジニアリングに代表される石油化学プラント,製鉄大手による鉄鋼プラント,重電大手による電力プラントは,高度成長期の活発な大型コンビナート建設の発展とともに成長してきた。同業界の転換点になったのが,73年の第1次石油危機および80年を境とするプラント輸出環境の悪化である。石油危機後の国内設備投資の停滞および逆に産油国の活発な重化学工業化の動きから,日本のプラント・エンジニアリング業界は,中東,東南アジアを中心に輸出振興を図った。…

※「プラント輸出」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

プラント輸出の関連キーワード東洋エンジニアリング千代田化工建設(株)カウンターパーチェスエンジニアリング産業フルターンキー輸出ターンキー式輸出三井物産(株)フルターンキーブーメラン効果化学機械工業クラレ(株)輸出確認統計延べ払い輸出プラント工業日中関係輸出保険クルップ吉田書簡日本精工三菱樹脂

今日のキーワード

首相指名

首相(内閣総理大臣)は国会議員の中から国会の議決で指名する(憲法67条)。衆参両院が異なった人を指名した場合、両院協議会でも意見が一致しない時は、衆院の議決を国会の議決とする。首相は文民でなければなら...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

プラント輸出の関連情報