コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ヘキサメチレンテトラミン ヘキサメチレンテトラミンhexamethylenetetramine

4件 の用語解説(ヘキサメチレンテトラミンの意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ヘキサメチレンテトラミン
ヘキサメチレンテトラミン
hexamethylenetetramine

ヘキサミン。尿路防腐剤。ホルムアルデヒドアンモニアの結合した化合物。酸性の尿中で分離してホルムアルデヒドを生じるので,尿路系の防腐剤となる。尿を酸性にするためには,リン酸二水素ナトリウム塩化アンモニウムなどを用いる必要がある。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

デジタル大辞泉の解説

ヘキサメチレンテトラミン(hexamethylenetetramine)

複素環式化合物の一つ。ホルムアルデヒドアンモニアの反応で得られる。無色・無臭の結晶性の粉末で、樹脂の硬化や発泡化、爆薬の製造、尿路殺菌剤などに用いられる。塩素と反応してホルムアルデヒドを生成する。HMT。ヘキサミン。メテナミンウロトロピン(商標名)。

出典|小学館
デジタル大辞泉について | 情報 凡例

百科事典マイペディアの解説

ヘキサメチレンテトラミン

化学式はC6H12N4。日本薬局方名ヘキサミン,商品名ウロトロピン。無臭の白色結晶。230℃以上で一部分解して昇華。水,エタノールに可溶。
→関連項目ウロトロピン

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
百科事典マイペディアについて | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ヘキサメチレンテトラミン
へきさめちれんてとらみん
hexamethylenetetramine

複素環脂肪族アミンの一つ。ヘキサミン、メテナミン、ウロトロピン、1,3,5,7-テトラアザアダマンタンその他多数の名称をもつ。ホルムアルデヒドとアンモニアの反応で合成する。無色・無臭の結晶または粉末。水、エタノールエチルアルコール)、クロロホルムなどに溶ける。ゴムの加硫やフェノール樹脂合成における反応促進剤として使われる。またアンチモンビスマス、銀、金、水銀などの分析試薬、利尿剤や尿路消毒薬としても用いられる。[務台 潔]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

今日のキーワード

稀勢の里寛

1986- 平成時代の力士。昭和61年7月3日生まれ。中学卒で鳴戸部屋に入門し,平成14年3月初土俵。16年5月新十両,同年11月には18歳4ヵ月で新入幕をはたす。18年7月新三役小結,21年3月新関...

続きを読む

コトバンク for iPhone