コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ヘキサメチレンテトラミン ヘキサメチレンテトラミン hexamethylenetetramine

4件 の用語解説(ヘキサメチレンテトラミンの意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ヘキサメチレンテトラミン
ヘキサメチレンテトラミン
hexamethylenetetramine

ヘキサミン。尿路防腐剤。ホルムアルデヒドアンモニアの結合した化合物。酸性の尿中で分離してホルムアルデヒドを生じるので,尿路系の防腐剤となる。尿を酸性にするためには,リン酸二水素ナトリウム塩化アンモニウムなどを用いる必要がある。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉の解説

ヘキサメチレンテトラミン(hexamethylenetetramine)

複素環式化合物の一つ。ホルムアルデヒドアンモニアの反応で得られる。無色・無臭の結晶性の粉末で、樹脂の硬化や発泡化、爆薬の製造、尿路殺菌剤などに用いられる。塩素と反応してホルムアルデヒドを生成する。HMT。ヘキサミン。メテナミンウロトロピン(商標名)。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

百科事典マイペディアの解説

ヘキサメチレンテトラミン

化学式はC6H12N4。日本薬局方名ヘキサミン,商品名ウロトロピン。無臭の白色結晶。230℃以上で一部分解して昇華。水,エタノールに可溶。
→関連項目ウロトロピン

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ヘキサメチレンテトラミン
へきさめちれんてとらみん
hexamethylenetetramine

複素環脂肪族アミンの一つ。ヘキサミン、メテナミン、ウロトロピン、1,3,5,7-テトラアザアダマンタンその他多数の名称をもつ。ホルムアルデヒドとアンモニアの反応で合成する。無色・無臭の結晶または粉末。水、エタノールエチルアルコール)、クロロホルムなどに溶ける。ゴムの加硫やフェノール樹脂合成における反応促進剤として使われる。またアンチモンビスマス、銀、金、水銀などの分析試薬、利尿剤や尿路消毒薬としても用いられる。[務台 潔]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ヘキサメチレンテトラミンの関連キーワード異節環式化合物環式化合物多環式化合物複素環式化合物ホルムアルデヒドフォルムアルデヒドヒドロキシアルデヒドヘテロ環式化合物炭素環式化合物低ホルムアルデヒド仕様

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone