ヘルツシュプルングラッセル図(読み)ヘルツシュプルングラッセルズ

デジタル大辞泉の解説

ヘルツシュプルング‐ラッセル‐ず〔‐ヅ〕【ヘルツシュプルングラッセル図】

横軸に恒星スペクトル型、縦軸に絶対光度をとった図上に星を点で表したもの。恒星の分類や進化の研究に利用される。1905年にデンマークのヘルツシュプルング(E.Hertzsprung)が星の光度と色との関係を発見、1913年に米国のラッセル(H.N.Russell)が図を発表した。HR図。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

ヘルツシュプルングラッセルず【ヘルツシュプルングラッセル図】

〔ヘルツシュプルングとアメリカのラッセルとがそれぞれ考案〕
絶対等級を縦軸に、スペクトル型(または色指数)を横軸にとって恒星を配列した図。主系列星・巨星・白色矮星が整然と分布する。 HR 図。恒星の進化を研究するのに有用。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

精選版 日本国語大辞典の解説

ヘルツシュプルング‐ラッセル‐ず ‥ヅ【ヘルツシュプルングラッセル図】

〘名〙 縦軸に星の(絶対)光度(上を明るく、下を暗い向きに)をとり、横軸にスペクトル型または色指数を(左を青く、右を赤い向きに)とって、光度とスペクトル型のわかった星をこの図の上の点として表わしたもの。この図上の点の位置により星の種類を分類する。一九〇五年デンマークのヘルツシュプルング(E. Hertzsprung)が星の光度と色との関係を発見、一三年にアメリカのラッセル(H. N. Russell)が図を考案したことから命名。ラッセル図。

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

パッシングショット

テニスで、ネット際に進んできている相手のわきを抜く打球。パス。パッシング。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android