コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ヘルツシュプルングラッセル図 ヘルツシュプルングラッセルズ

デジタル大辞泉の解説

ヘルツシュプルング‐ラッセル‐ず〔‐ヅ〕【ヘルツシュプルングラッセル図】

横軸に恒星スペクトル型、縦軸に絶対光度をとった図上に星を点で表したもの。恒星の分類や進化の研究に利用される。1905年にデンマークのヘルツシュプルング(E.Hertzsprung)が星の光度と色との関係を発見、1913年に米国のラッセル(H.N.Russell)が図を発表した。HR図。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

ヘルツシュプルングラッセルず【ヘルツシュプルングラッセル図】

〔ヘルツシュプルングとアメリカのラッセルとがそれぞれ考案〕
絶対等級を縦軸に、スペクトル型(または色指数)を横軸にとって恒星を配列した図。主系列星・巨星・白色矮星が整然と分布する。 HR 図。恒星の進化を研究するのに有用。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

ヘルツシュプルングラッセル図の関連キーワードAGB星白色矮星

今日のキーワード

跋扈

[名](スル)《「後漢書」崔駰伝から。「跋」は越える意、「扈」は竹やな》魚がかごを越えて跳ねること。転じて、ほしいままに振る舞うこと。また、のさばり、はびこること。「軍閥の跋扈」「悪辣な商売が跋扈する...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android