コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ペトロニウス ペトロニウス Petronius Arbiter, Gaius (Titus)

6件 の用語解説(ペトロニウスの意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ペトロニウス
ペトロニウス
Petronius Arbiter, Gaius (Titus)

[生]?
[没]66
ローマの政治家,作家。執政官やビチュニア総督としても有能だったが,それ以上に快楽の追求に特殊才能をもち,ネロの宮廷の「優雅の審判官」 arbiter elegantiaeと呼ばれた。しかし帝の不興を買って,自殺を命じられ,最後の数時間を愉悦のうちに過して優雅に死んだという。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉の解説

ペトロニウス(Gaius Petronius)

[?~66]古代ローマの作家。別名アルビテル(Arbiter)。ネロ帝に寵愛されたが、のちに陰謀の疑いで死を命じられた。断片が残る悪漢小説サテュリコン」の作者とされる。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

百科事典マイペディアの解説

ペトロニウス

ローマの作家,政治家。ネロの寵臣(ちょうしん)で,〈優雅の判官〉のあだ名があったが,寵を失って自殺した。悪者小説サテュリコン》は彼の作とされている。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

世界大百科事典 第2版の解説

ペトロニウス【Gaius Petronius】

?‐55か66
紀元後1世紀のローマの文人。その生涯を伝える正確な資料はほとんど残されていないが,小アジアビテュニアに総督として赴任し,またコンスル(執政官)の職についたこともあったらしい。官吏としては職務に熱心であったと伝えられるが,昼間は眠っていて夜を仕事と快楽に過ごしたぜいたくな通人として知られていた。皇帝ネロの宮廷にあって〈優雅の判官arbiter elegantiae〉として,皇帝も彼の意に従って行動するほどの信任を受けた。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

大辞林 第三版の解説

ペトロニウス【Gaius Petronius】

?~66) 古代ローマの政治家・文人。皇帝ネロの寵を受けたが、自殺を強いられた。一部のみ伝存する一種のピカレスク小説「サテュリコン」の作者と一般に見られている。

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ペトロニウス
ぺとろにうす
Gaius Petronius
(?―66)

古代ローマの詩人。タキトゥスによれば、ビティニアの総督を務めた有能な人物で、快楽主義者として聞こえ、皇帝ネロから「雅趣の判定者」arbiter elegantiaeとよばれたという。晩年、ネロの寵遇(ちょうぐう)を得て歓楽と遊興のうちに過ごしたが、反逆罪の嫌疑を受けて自殺を命じられた。この話はシェンキェビッチの小説『クオ・バディス』で名高い。西洋最初の小説ともいわれる長編悪漢小説『サチュリコン』の作者とされるのがこのペトロニウスである。[松本克己]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典内のペトロニウスの言及

【サテュリコン】より

…紀元後1世紀にペトロニウスによって書かれたと伝えられるローマの小説。もとは全16巻から成る長編小説だったらしいが,現在はそのうち最後の3巻からの抜粋が残っているにすぎない。…

【ラテン文学】より

…ほかにウェレイウス・パテルクルスVelleius Paterculus,クルティウス・ルフスCurtius Rufus,フロルスなどの歴史家の名がみられる。またそのほかの散文作家には,小説《サテュリコン》の作者ペトロニウス,百科全書《博物誌》の著者の大プリニウス,《書簡集》を残した雄弁家の小プリニウス,農学書を残したコルメラ,2世紀に入って,《皇帝伝》と《名士伝》を著した伝記作家スエトニウス,哲学者で小説《黄金のろば(転身物語)》の作者アプレイウス,《アッティカ夜話》の著者ゲリウスなどがいる。 詩の分野ではセネカの悲劇のほかに,叙事詩ではルカヌスの《内乱(ファルサリア)》,シリウス・イタリクスの《プニカ》,ウァレリウス・フラックスの《アルゴナウティカ》,スタティウスの《テバイス》と《アキレイス》など,叙事詩以外ではマニリウスの教訓詩《天文譜》,ファエドルスの《寓話》,カルプルニウスCalpurniusの《牧歌》,マルティアリスの《エピグランマ》,それにペルシウスとユウェナリスそれぞれの《風刺詩》などがみられる。…

※「ペトロニウス」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

ペトロニウスの関連キーワードキュレネリウィウスGrecoRomanローマンブリテンアロースミスの生涯ローマの泉ローマの松ローマの祭ローマの祭り縄文人と弥生人

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone

ペトロニウスの関連情報