コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ホイッグ党[アメリカ合衆国] ホイッグとう[アメリカがっしゅうこく]Whig Party

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ホイッグ党[アメリカ合衆国]
ホイッグとう[アメリカがっしゅうこく]
Whig Party

ジャクソン派が結成したアメリカの政党。 1829年に大統領に就任した A.ジャクソンは与党である民主党に援護されて革新的な政策を強力に推し進め,これに反対する政治家たちは,国民共和派 National Republicansを組織して対抗し,32年の大統領選挙には H.クレーを候補に立てて争った。しかしこれに敗れたため,34年クレーが中心となりすべての反ジャクソン勢力を呼び集めて,一段と強力なホイッグ党を結成した。このような古びた党名を採用したのは,強大な政府権力に抵抗して自由を擁護したイギリスのホイッグ党のイメージを民衆に植えつけるためであった。 40年の大統領選挙には W.H.ハリソンを候補に立て,勝利したが,ハリソンは就任1ヵ月後に死亡。 44年には再びクレーが大統領候補となったが,民主党の J.K.ポークに敗れた。 48年アメリカ=メキシコ戦争の英雄 Z.テーラー将軍を指名し大統領選挙を勝利に導いたが,50年頃から奴隷問題で分裂し,さらに 52年の大統領選挙でも敗れたため,ついに解散するにいたった。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

今日のキーワード

金城湯池

1 《「漢書」蒯通伝から。「湯池」は熱湯をたたえた堀》守りが非常に固く、攻めるのが難しい城。金湯。2 堅固で、他から侵害されにくい勢力範囲。「保守派の金城湯池」...

続きを読む

コトバンク for iPhone