コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ホウ砂 ホウしゃ borax

翻訳|borax

3件 の用語解説(ホウ砂の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ホウ砂
ホウしゃ
borax

ホウ酸ナトリウムの湖成堆積物などとして産する鉱石鉱物 (→ホウ酸ナトリウム ) 。化学式 Na2B4O7・10H2O 。無色の軟らかい結晶あるいは粒状物質。風解性。比重 1.73。 320℃で無水物に変り,878℃で融解して無色透明のガラス状となり,金属酸化物を融解する。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

栄養・生化学辞典の解説

ホウ砂

 B4Na2O7 (mw201.22).Na2B4O7

 ホウ酸ナトリウム.医薬品や工業用に使われる.食品への添加は禁止されている.

出典|朝倉書店
Copyright (C) 2009 Asakura Publishing Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ホウ砂
ほうしゃ
borax

ホウ酸塩鉱物の一種。硼砂とも表記される。古くから東洋ではティンカルtincalとよばれていた。鉱物学的にはホウ砂はNa2[B4O5(OH)4]・8H2Oで、英名boraxであるが、ティンカルという名前はNa2[B4O5(OH)4]・3H2Oのティンカルコナイトtincalconiteに残されている。加熱すると無水物になり、731℃で融解する。また種々の金属を溶かし込んで特有の色を与える。これはいわゆるホウ砂球反応で、重金属の定性分析に応用される。報告されている自形は八角形の断面をもつ短柱状で、1個の底面と2個の錐面(すいめん)をもつ。頂部の面の発達がなければ、形状的には普通輝石にそっくりである。
 日本では産出は知られていないが、インド・カシミールやチベット地方で塩湖堆積(たいせき)物として産し、厖大(ぼうだい)な鉱床を形成する。また温泉に関係した堆積物や乾燥気候地域の土壌の表面にいわゆる表成鉱物として産する。共存鉱物は岩塩、石膏(せっこう)、方解石、ボウ硝(テナール石)などホウ酸塩鉱物を欠くものと、カーン石、ウレクサイトulexite(化学式NaCa[B5O6(OH)6]・5H2O)などホウ酸塩鉱物を伴うものとがある。同定は可溶性、完全な一方向の劈開(へきかい)、加熱による膨張と白色粉末化、炎で加熱すると融解することなどであるが、ティンカルコナイトも同様の性質を示すので、形態が出ていないと識別はできない。なおティンカルコナイトは天然のものでは自形はきわめて微細な擬立方体で、肉眼で識別可能な大きさのものは報告されていない。英名はアラビア語の白を意味するbauraqに由来するとされる。[加藤 昭]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典内のホウ砂の言及

【ホウ酸ナトリウム(硼酸ナトリウム)】より


[四ホウ酸ナトリウムsodium tetraborate]
 化学式Na2B4O7。10水和物Na2B4O7・10H2Oがホウ砂boraxの名称でよく知られ,白色半透明の鉱物として,北アメリカ西部の砂漠地帯,中部アジアの砂漠中のかん(鹹)湖の沈殿物中に存在する。通常は天然産のものを水で抽出し,濃縮析出させたのち,再結晶により精製する。…

※「ホウ砂」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

ホウ砂の関連キーワード次亜硫酸ナトリウムホウ酸ナトリウム珪酸ナトリウムセスキ炭酸ナトリウムウリジル酸5'ナトリウム5'リボヌクレオチドナトリウムチュコホウ酸ナトリウム(硼酸ナトリウム)四ホウ酸ナトリウムメタホウ酸ナトリウム

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone

ホウ砂の関連情報