ホオアカ(頬赤)(読み)ホオアカ

百科事典マイペディア「ホオアカ(頬赤)」の解説

ホオアカ(頬赤)【ホオアカ】

ホオジロ科の鳥。翼長7cm。ホオジロに似るが,体色はやや淡く,赤褐色斑紋がある。アジア東・南部分布。日本では九州以北の草原で繁殖し,冬は暖地へ漂行する。地上や低い枝の上に皿形のを作り,繁殖期にその付近でさえずる。草の種子主食だが,夏季には昆虫も食べる。

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

今日のキーワード

プラスチックワード

意味のあいまいなままに、いかにも新しい内容を伝えているかのように思わせる言葉。プラスチックのように自由に組み合わせ、さまざまな分野で手軽に使える語をさす。ドイツの言語学者ベルクゼンが提唱。「国際化」「...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android