コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ホオアカ ホオアカEmberiza fucata; chestnut-eared bunting

2件 の用語解説(ホオアカの意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ホオアカ
Emberiza fucata; chestnut-eared bunting

スズメ目ホオジロ科。全長 15~16cm。雄の夏羽(→羽衣)は背面が灰褐色で黒褐色の縦斑があり,耳羽は栗色,胸に黒と褐色の横帯がある。頬に名の由来となる赤褐色の斑模様がある。下面は白く,腰は赤褐色。雌雄とも冬羽は全体に色が淡い。シベリアから東アジア北部,サハリン島,日本と,ヒマラヤ山脈から中国中部に繁殖分布し,ヒマラヤ南部から東アジア南部,インドシナ半島北部に渡って越冬する。日本でも北海道では夏鳥(→渡り鳥)として低地から山地で,本州では山地から高原で繁殖する。繁殖期はおもに昆虫食である。冬季は本州中部以南の温暖な地方の平地の草原から林縁,農耕地,市街地の公園など開けた場所に移行し,おもに種子食である。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ホオアカ
ほおあか / 頬赤
gray-hooded bunting
[学]Emberiza fucata

鳥綱スズメ目ホオジロ科の鳥。同科ホオジロ属38種中の1種。全長約16センチメートル。南千島、アムール地方からバイカル湖、中国、ヒマラヤ地方に広く分布している。赤みのある栗(くり)褐色の顕著な耳羽はその名の由来となっている。頭上、頸(くび)、背は灰色で黒褐色の小縦斑(じゅうはん)があり、腰は赤褐色。下面は淡色であるが、夏羽では上胸に顎線(がくせん)に連なる黒帯と、濃色の栗褐色横帯とが明瞭(めいりょう)である。日本では南千島、北海道の平地、本州、四国、九州では山地の草原に営巣するが、近畿地方以西では少ない。一方、冬は北日本や高地のものは積雪の少ない暖地に移動し、関東地方以西、琉球諸島(りゅうきゅうしょとう)までの草原、農耕地に出現する。夏は昆虫やクモなど、冬は草本の種子を食べる。[坂根 干]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

今日のキーワード

エンゲルの法則

家計の総消費支出に占める飲食費の割合 (エンゲル係数 Engel coefficientと呼ぶ) は,所得水準が高く,したがって総消費支出が大きいほど低下するというもの。エンゲル係数は国民の消費生活面...

続きを読む

コトバンク for iPhone

ホオアカの関連情報