コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ホオアカ ホオアカ Emberiza fucata; chestnut-eared bunting

2件 の用語解説(ホオアカの意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ホオアカ
ホオアカ
Emberiza fucata; chestnut-eared bunting

スズメ目ホオジロ科。全長 15~16cm。雄の夏羽(→羽衣)は背面が灰褐色で黒褐色の縦斑があり,耳羽は栗色,胸に黒と褐色の横帯がある。頬に名の由来となる赤褐色の斑模様がある。下面は白く,腰は赤褐色。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ホオアカ
ほおあか / 頬赤
gray-hooded bunting
[学]Emberiza fucata

鳥綱スズメ目ホオジロ科の鳥。同科ホオジロ属38種中の1種。全長約16センチメートル。南千島、アムール地方からバイカル湖、中国、ヒマラヤ地方に広く分布している。赤みのある栗(くり)褐色の顕著な耳羽はその名の由来となっている。頭上、頸(くび)、背は灰色で黒褐色の小縦斑(じゅうはん)があり、腰は赤褐色。下面は淡色であるが、夏羽では上胸に顎線(がくせん)に連なる黒帯と、濃色の栗褐色横帯とが明瞭(めいりょう)である。日本では南千島、北海道の平地、本州、四国、九州では山地の草原に営巣するが、近畿地方以西では少ない。一方、冬は北日本や高地のものは積雪の少ない暖地に移動し、関東地方以西、琉球諸島(りゅうきゅうしょとう)までの草原、農耕地に出現する。夏は昆虫やクモなど、冬は草本の種子を食べる。[坂根 干]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ホオアカの関連キーワード島青鵐頬白深山頬白オオジュリン(大寿林)カシラダカ(頭高)フウキンチョウ(風琴鳥)ホオアカ(頰赤)ホオジロ(頰白)ユキホオジロ(雪頰白)ホオジロ科

今日のキーワード

信長協奏曲(コンツェルト)

石井あゆみによる漫画作品。戦国時代にタイムスリップした現代の高校生が病弱な織田信長の身代わりとして生きていく姿を描く。『ゲッサン』2009年第1号から連載開始。小学館ゲッサン少年サンデーコミックス既刊...

続きを読む

コトバンク for iPhone

ホオアカの関連情報