コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ホルミウム ホルミウムholmium

翻訳|holmium

6件 の用語解説(ホルミウムの意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ホルミウム
ホルミウム
holmium

元素記号 Ho ,原子番号 67,原子量 164.93032。周期表3族,希土類元素ランタノイド元素の1つ。天然にはユークセン石ガドリン石などの中に他の希土類元素とともに産する。地殻における存在量 1.2ppm,海水中の濃度 0.0009 μg/l

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

デジタル大辞泉の解説

ホルミウム(holmium)

希土類元素ランタノイドの一。1879年にクレーベが発見し、故郷ストックホルムの古称Holmiaにちなんで命名。元素記号Ho 原子番号67。原子量164.9。

出典|小学館
デジタル大辞泉について | 情報 凡例

百科事典マイペディアの解説

ホルミウム

元素記号はHo。原子番号67,原子量164.93033。密度8.795,融点1474℃,沸点2695℃。希土類元素の一つ。1879年P.T.クレーベが発見,故郷のストックホルムにちなんで命名。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
百科事典マイペディアについて | 情報

世界大百科事典 第2版の解説

ホルミウム【holmium】

周期表元素記号=Ho 原子番号=67原子量=164.9304地殻中の存在度=1.2ppm(55位)安定核種存在比 165Ho=100%融点=1461℃ 沸点=2600℃比重=8.803電子配置=[Xe]4f115d06s2 おもな酸化数=III周期表第IIIA族,希土類元素に属するランタノイドの一つ。スウェーデンのクレーベP.T.Cleve(1840‐1905)は,希土類元素の分析に取り組み,1879年に,それまで単一元素と思われていたエルビウムから他の二つの元素を見いだし,一つをツリウム,一つを彼の故郷ストックホルムにちなんでホルミウムと命名した。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

大辞林 第三版の解説

ホルミウム【holmium】

ランタノイドの一。元素記号 Ho  原子番号67。原子量164.9。化合物、イオンとも色が黄色の金属。

出典|三省堂
大辞林 第三版について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ホルミウム
ほるみうむ
holmium

周期表第3族、希土類元素に属するランタノイド元素の一つ。1879年スウェーデンのクレーベPer Theodor Cleve(1840―1905)によって発見され、彼の故郷ストックホルムの古称Holmiaにちなんで名づけられた。天然にはユークセン石、ガドリン石などに含まれる。希土類元素のうちもっとも希産のものの一つ。塩化物をアルカリ金属で還元するか、溶融塩電解によって金属を得る。銀白色の金属。空気中に放置すると表面が酸化され、熱すると酸化物となる。熱水、酸に水素を発生して溶ける。化合物の酸化数は+。化合物は黄色のものが多い。[守永健一・中原勝儼]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

今日のキーワード

稀勢の里寛

1986- 平成時代の力士。昭和61年7月3日生まれ。中学卒で鳴戸部屋に入門し,平成14年3月初土俵。16年5月新十両,同年11月には18歳4ヵ月で新入幕をはたす。18年7月新三役小結,21年3月新関...

続きを読む

コトバンク for iPhone

ホルミウムの関連情報