コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ボイアルド ボイアルド Boiardo, Matteo Maria, Conte

6件 の用語解説(ボイアルドの意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ボイアルド
ボイアルド
Boiardo, Matteo Maria, Conte

[生]1441.5頃.スカンディアーノ
[没]1494.12.19. レッジョ
イタリアの詩人。伯爵家に生れ,生涯の大半をフェララエステ家に仕えた。 1480~82年モデナ市の長官,87年から死ぬまでレッジョ市の長官。ラテン語イタリア語による作品を多数書いた。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉の解説

ボイアルド(Matteo Maria Boiardo)

[1441~1494]イタリアの詩人。騎士道物語詩「恋するオルランド」(未完)の著者。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

百科事典マイペディアの解説

ボイアルド

イタリアの詩人。代表作《恋せるオルランド》は,シャルルマーニュ伝説アーサー王伝説をないまぜにし,異教徒との戦い,魔法,恋をうたった騎士物語。第3部は未完であり,アリオストがこれをひきつぐ形で《狂乱のオルランド》を書いた。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

世界大百科事典 第2版の解説

ボイアルド【Matteo Maria Boiardo】

1440か41‐94
イタリアの詩人。スカンディアーノの伯爵。フェラーラにおけるエステ家の寵臣として,数々の外交使節を務め,モデナおよびレッジョの総督となる。1463‐64年に《エステ家賛歌》と《牧歌》を創作。69年春ごろから76年にかけて,恋人アントニア・カプラーラについて歌った《愛の書》の抒情詩を書く。74年に相続争いのため,従兄弟と叔母から毒殺されそうになり,その領地を分与する。76年にフェラーラの宮廷に入り,《風刺詩集》を創作。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

大辞林 第三版の解説

ボイアルド【Matteo Maria Boiardo】

1441~1494) イタリアの詩人。騎士道物語詩の傑作「恋するオルランド」(未完)の作者として知られる。

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ボイアルド
ぼいあるど
Matteo Maria Boiardo
(1441―1494)

イタリアの詩人。フェッラーラのエステ家に縁の深い貴族で、レッジョ・ネレミリアに近いスカンディアーノの伯爵家に生まれる。父方の祖父が文人、母方の叔父が高名な人文主義者(ウマニスタ)T・V・ストロッツィという家庭環境のなかで古典に親しみ、早くからエステ家の宮廷に足しげく出入りした。1469年、若い女性A・カプラーラに実らぬ恋を抱き、のち『愛の本』(1476)にまとめられる、俗語によるペトラルカ風の愛の詩を歌った。76年、大公エルコレ1世の「朋輩(ほうばい)」の資格でエステ家に正式に仕える。騎士物語への宮廷の根強い嗜好(しこう)に刺激されて『恋するオルランド』に着手したのはこのころであった。まもなく貴族出の女性と結婚したあと、モデナの行政長官を務め、83年『恋するオルランド』1、2部を出版した。87年、今度はレッジョの長官として赴任、しばらくは平穏に過ぎたが、94年、エミリア地方はイタリア半島を南下するシャルル8世の軍勢にさらされ、病みがちであったボイアルドは、その騒擾(そうじょう)をめぐる労苦のために、94年12月9日、レッジョで世を去った。そのため彼の騎士物語叙事詩は第三部9歌で中断、未完に終わった。作品にはほかに牧歌、詩劇、ギリシア古典の翻訳がある。『恋するオルランド』はカロリング王朝時代の騎士物語から大筋と登場人物を借りて、ブルターニュのそれ(『アーサー王物語』など)の愛と冒険の精神のうちに融合させたものといわれ、これを引き継いだアリオストの『狂えるオルランド』に至って中世騎士物語は集大成されることになる。なお『恋するオルランド』は1世紀あまりののち、F・ベルニの手で流麗なトスカナ語への移し換えが行われ、そのベルニ版による後世の流布も見落とすことはできない。[古賀弘人]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典内のボイアルドの言及

【恋せるオルランド】より

…イタリアの詩人M.M.ボイアルドの叙事詩。8行詩で3部からなるが未完(1476年着手,95年第3巻刊行)。…

※「ボイアルド」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

ボイアルドの関連キーワードカンディアサンフレディアーノ教会ボルティアーノ神殿モンテプルチアーノイタリアーナウーノコンチェルト・イタリアーノドン・イタリアーノモンディアルブラッコ・イタリアーノ

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone