コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ボース‐アインシュタイン凝縮 Bose-Einstein condensation

法則の辞典の解説

ボース‐アインシュタイン凝縮【Bose-Einstein condensation】

ボース‐アインシュタイン統計*に従う粒子系においては,温度を下げるか,あるいは密度を増大させた場合に,すべての粒子が最低エネルギー状態に収容されてしまうことが示される.この状態のことを,ボース‐アインシュタイン凝縮という.この最低エネルギー状態にある粒子は運動エネルギーがゼロとなるので,気体の圧力には関係しなくなる.

出典 朝倉書店法則の辞典について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ボース‐アインシュタイン凝縮
ぼーすあいんしゅたいんぎょうしゅく
Bose-Einstein condensation

 粒子がボース‐アインシュタイン統計に従うとき、エネルギーεをもつ粒子数の平均値はボース分布関数
  f(ε)=1/[e(ε-μ)/kT-1]
で与えられる。kはボルツマン定数、μは化学ポテンシャルである。ボース粒子の理想気体で温度を下げると、系の次元や密度によっては有限の温度T0以下でμが0になることがある。この場合、T0以下の温度で最低エネルギー(ε=0)の状態の粒子数は限りなく大きくなりうるので、莫大(ばくだい)な数の粒子がε=0の状態に「落ち込む」ようになる。これをボース‐アインシュタイン凝縮という。1925年にアインシュタインが、量子集団がもつこの奇妙な性質に気づいた。
 電子、陽子、中性子などの素粒子はフェルミ粒子であるが、それらが偶数個集まってできた原子はボース粒子とみなすことができる。たとえばヘリウム4の原子は、原子核に陽子と中性子が2個ずつ、その周りに2個の電子が存在するので、総計6個のフェルミ粒子があり、全体としてボース粒子としてふるまう。液体ヘリウム4は、絶対温度2.17K以下の温度において超流動となる。実際には、液体ヘリウム4には相互作用があってボース粒子の理想気体ではないが、この超流動現象はボース‐アインシュタイン凝縮の例であるといえる。
 1995年、コロラド大学のC・E・ワイマンらのグループは、レーザーを用いた巧妙な方法でルビジウム原子を絶対零度まであと1億分の2℃という極低温にまで冷却し、ボース‐アインシュタイン凝縮の観測に成功した。凝縮相にある原子気体は、これまでにはなかった新しい物質相であり、精力的に研究が続けられている。[小形正男]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

ボース‐アインシュタイン凝縮の関連キーワードコーネル(Eric A. Cornell)ボース‐アインシュタイン分布ボースアインシュタイン統計原子レーザーレーザー冷却液体ヘリウムボース粒子ボース凝縮レーザーケターレBE凝縮超流動原子

今日のキーワード

だまし面接

企業が面談や懇談会と称して就職活動中の学生を呼び出し、実質的には学生を選考する偽装面接のこと。2016年卒業の大学生に対する選考活動の開始時期を、従来の4月1日から8月1日以降へと後ろ倒しする主旨の「...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android