コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ボース・アインシュタイン凝縮 ぼーすあいんしゅたいんぎょうしゅくBose‐Einstein condensation

知恵蔵の解説

ボース・アインシュタイン凝縮

低温世界の巨視的な量子現象。大量のボース粒子が1つの状態をとり、ひとつながりのきれいな波として振る舞う。S.N.ボースの論文をもとにA.アインシュタインが1920年代半ばに予言した。略してBE凝縮超流動状態の液体ヘリウムでも起こっているが、米コロラド大などのグループは95年、気体のルビジウムを絶対温度200nK(nはナノ=10億分の1)以下に冷やして実現した。2003年には、フェルミ粒子原子2つでボース粒子の分子をつくり、凝縮体にする試みも相次いだ。BE凝縮した原子の群れは山と谷(位相)がそろった波となるので、重ね合わせると干渉模様が現れる。これが原子レーザー現象。米マサチューセッツ工科大グループが1997年、この状態をつくった、と発表した。

(尾関章 朝日新聞記者 / 2007年)

出典|(株)朝日新聞出版発行「知恵蔵」知恵蔵について | 情報

ボース・アインシュタイン凝縮の関連キーワードコーネル(Eric A. Cornell)ボース‐アインシュタイン分布ボース‐アインシュタイン統計ボース‐アインシュタイン凝縮ボースアインシュタイン統計レーザー冷却ボース凝縮レーザーワイマンケターレ

今日のキーワード

処暑

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の7月中 (7月後半) のことで,太陽の黄経が 150°に達した日 (太陽暦の8月 23日か 24日) に始り,白露 (9月8日か9日) の前日までの約 15日間であ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android