コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ポリティカル・コレクトネス Political correctness

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ポリティカル・コレクトネス
Political correctness

他者に対し,とりわけ人種,性別,性的嗜好,国籍,宗教,年齢,身体障害等への配慮と寛容さを示す考え方。政治的妥当性,政治的公正さなどと訳される。 1960年代にアメリカ合衆国の大学で,無関心や偏狭さに対応するかたちで始まり,1990年代,ディネシュ・デスーザの"Illiberal Education: The Politics of Race and Sex on Campus" (1991) が出版されると,議論が再燃した。ポリティカル・コレクトネスを提唱する人々は,自己と異なる意見や立場を軽んじたり,偏見やステレオタイプに基づく言動を行なわないよう訴える。一方で,このような型にはまった考え方は表現の自由を脅かすものであり,検閲につながることが懸念されるという批判がある。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

百科事典マイペディアの解説

ポリティカル・コレクトネス

ポリティカリー・コレクトpolitically correctとも。略してPC。米国において1960年代から1970年代にかけての新左翼運動のなかで使われはじめた言葉。
→関連項目アメリカ合衆国

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ポリティカル・コレクトネス
ぽりてぃかるこれくとねす
Political Correctness

略称PC。アメリカで1980年代ごろから多用されるようになった言葉で、差別や偏見に基づいた表現や認識を「政治的に妥当」なものに是正すること。とくに、アメリカ社会の伝統的な文化や価値観が、西ヨーロッパ社会・白人男性至上主義に基づいて形成されてきたという認識に立脚し、アメリカ社会の民族構成に即した多文化主義の立場から文化や価値観の多様性を主張し、マイノリティ(少数派、少数民族)に対する従来の差別的な表現や認識を「政治的に妥当」なものに改めることを目ざす姿勢や考え方。さらに環境保護、動物愛護、社会的弱者の人権擁護の立場にたつなど、あらゆる分野において「政治的妥当性」を重要視する姿勢。
 具体的には、フェミニズムの立場から「チェアマンchairman」を「チェアパーソンchairperson」に、マイノリティの尊厳回復の立場から「アメリカ・インディアンAmerican Indians」を「ネイティブ・アメリカンNative American」、「黒人Black」を「アフリカ系アメリカ人African-American」にいいかえる。また、コロンブスの「アメリカ大陸発見」を「新世界と旧世界との遭遇」に改めるなど、歴史的事実に関する表現とともにその根底にある偏向した価値観是正をも目ざす。こうした差別是正運動は、1960年代の公民権運動、女性解放運動、マイノリティの権利拡張・尊厳回復運動の流れを汲(く)むもので、80年代から大学を中心に大きな流れを形成してきた。従来の西洋文化偏重のカリキュラムを多文化主義のカリキュラムに変更した大学も少なくない。しかし、こうした動きは保守派の反発を招き、それが言論や学問の自由を抑圧するものだという批判も相次ぎ、大きな議論に発展した。また「政治的妥当性」を要求する行きすぎた姿勢が揶揄(やゆ)されることも少なくない。[川口 薫]
『脇浜義明編『アメリカの差別問題』(1995・明石書店)』

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

ポリティカル・コレクトネスの関連キーワードアファーマティブ・アクションポリティカリー・コレクトポリティカリーコレクト文化的多元主義オルトライト柳幸典

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

ポリティカル・コレクトネスの関連情報