コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

マガン(真雁) マガン white‐fronted goose

1件 の用語解説(マガン(真雁)の意味・用語解説を検索)

世界大百科事典 第2版の解説

マガン【マガン(真雁) white‐fronted goose】

カモ目カモ科の鳥(イラスト)。日本に渡来するガン類の中ではいちばんふつうの種で,日本画に描かれるガンも大部分は本種である。北極圏で繁殖し,冬季には北半球の温帯地方に渡る。日本には冬鳥として渡来し,湖沼,湿原,干潟,水田などの広い場所にすみ,草の葉,根,実などを食べている。かつては日本全国に数多く渡来していたが,現在では北陸および東北地方で越冬するだけになった。全長約72cm。羽色は全体に暗褐色で,下面は多少淡色である。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

マガン(真雁)の関連キーワードカモ小鴨黒雁瘤白鳥縞味白雁赤鵙晨鳧

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone