コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

マガン(真雁) マガンwhite‐fronted goose

世界大百科事典 第2版の解説

マガン【マガン(真雁) white‐fronted goose】

カモ目カモ科の鳥(イラスト)。日本に渡来するガン類の中ではいちばんふつうの種で,日本画に描かれるガンも大部分は本種である。北極圏で繁殖し,冬季には北半球の温帯地方に渡る。日本には冬鳥として渡来し,湖沼湿原干潟水田などの広い場所にすみ,草の葉,根,実などを食べている。かつては日本全国に数多く渡来していたが,現在では北陸および東北地方で越冬するだけになった。全長約72cm。羽色は全体に暗褐色で,下面は多少淡色である。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

俳句甲子園

1998年から松山市で開かれる全国高等学校俳句選手権大会。高校生が5人1組で句の優劣をディベートで競い合う。チームでの勝敗とは別に、個人の最優秀句も選ぶ。今年は過去最多の41都道府県から121校、15...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android