マキノ[町](読み)マキノ

百科事典マイペディアの解説

マキノ[町]【マキノ】

滋賀県北西部,高島郡の旧町。琵琶湖北西岸を占め,湖西線が通じる。海津は古くは琵琶湖水運の要地。米作,漁業,水産加工業などを行う。山地斜面にマキノスキー場がある。1993年に琵琶湖がラムサール条約登録湿地となる。2005年1月高島郡今津町,安曇川町,高島町,新旭町,朽木村と合併し市制,高島市となる。78.34km2。6499人(2003)。
→関連項目海津

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

世界大百科事典 第2版の解説

まきの【マキノ[町]】

滋賀県北西部,高島郡の町。人口6377(1995)。琵琶湖の北西岸に位置し,三国山,赤坂山など野坂山地の南東斜面を占める。湖に沿ってJR湖西線,国道161号線(西近江路)が走り,集落がこれらの沿線と湖岸に分布する。中心集落の海津は,北陸地方と京都,大坂を中継する湖上交通の港として栄えたが,江戸時代初期に日本海の西廻海運が開かれて以降はしだいに衰微した。琵琶湖に突き出した海津大崎は琵琶湖八景に数えられる景勝地で,702年(大宝2)泰澄の開基と伝えられる大崎寺がある。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

世界大百科事典内のマキノ[町]の言及

【海津】より

…滋賀県高島郡マキノ町にある琵琶湖北西岸の港町の地名。甲斐津,萱津,貝津とも書いた。…

※「マキノ[町]」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

ラグビーワールドカップ2019日本大会

2019年9月20日から11月2日まで、日本で行われる15人制ラグビーの世界大会。ラグビーユニオンの国際統括団体であるワールドラグビー(World Rugby)が主催し、ナショナルチームの世界一を決定...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android