コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

マクラウド真空計 マクラウドしんくうけいMcLeod gauge

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

マクラウド真空計
マクラウドしんくうけい
McLeod gauge

1874年 H.マクラウドが考案した真空計。測定原理は,低圧気体を圧縮し,その前後で占める体積をはかり,圧力差を水銀柱の高さで読取って,ボイルの法則によってもとの低圧を求める。この真空計は,普通の水銀圧力計では測定できない低圧を絶対測定できるので,他の形式の真空計の校正に用いられる。最良の状態での測定誤差は 10-4 Torr以上で1%,10-5 Torrで数%程度である。しかし,この真空計はボイル法則を前提としているので,この法則に従わない気体や蒸気には使えない。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

デジタル大辞泉の解説

マクラウド‐しんくうけい【マクラウド真空計】

代表的な真空計の一。1874年、H=マクラウドが考案。真空に近い低圧力の気体を圧縮し、その圧力と圧縮率をガラス管に入った水銀柱の高さで測定することで、元の気体の圧力を求める。測定範囲は1万分の1~100パスカル程度。マクラウドゲージ

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

マクラウド真空計
まくらうどしんくうけい
MacLeod gauge

真空中の残留気体の体積を数千分の1程度に圧縮し、圧縮後の圧力および圧縮体積比から圧縮前の真空圧力を求める真空圧力計。マクラウドゲージともいう。1874年、マクラウドH. Mcleodが考案した。100~10-4パスカル程度の範囲の絶対測定が可能で、他の真空計を校正するための標準計器として用いられることが多い。上端を閉じた内径1ミリメートル程度の細管を備えた容積既知(通常100立方センチメートル)のガラス容器に真空を閉じ込め、この容器の下部から水銀面を押し上げて内部の気体を細管中に圧縮する。このときの圧力(正確には圧縮前の真空圧力と圧縮後の圧力との差)を水銀柱の高さの差として読み取り、一方、細管の目盛りから圧縮後の体積を知ることによって、ボイルの法則から真空圧力が求められる。精密な測定値を得るには、水銀の蒸気圧に関する補正が必要である。[三井清人]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

世界大百科事典内のマクラウド真空計の言及

【真空計】より

… 大気圧から,だいたい102Pa(約1Torr)までは,U字管に液体を入れてその液面の高さの差から圧力を読みとるマノメーターmanometerや,ブルドン管などの弾性変形量から内外圧力差を読みとる真空計が多く使われる。これ以下の圧力領域(中・高真空領域)では,圧力の直接測定は容易でなく,気体の圧縮操作を介在させたマクラウド真空計McLeod gaugeや,気体の圧力と関数関係にある他の物理量,例えば分子密度,入射頻度,粘度,熱伝導度などの測定から圧力を間接的に求める真空計による。実際に使用されている主要な真空計を表に掲げる。…

※「マクラウド真空計」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

マクラウド真空計の関連キーワードおもなお雇い外国人自由民権運動わが祖国島義勇小野梓サイゴン条約ハーディビアードフィレネーフェモリス

今日のキーワード

いい夫婦の日

11月22日。通商産業省(現経済産業省)が制定。パートナーへの感謝の意を示し、絆を深める。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android