マゼラン(惑星探査機)(読み)まぜらん(英語表記)Magellan

日本大百科全書(ニッポニカ)「マゼラン(惑星探査機)」の解説

マゼラン(惑星探査機)
まぜらん
Magellan

金星表面の詳しい地表図を作成することを目的とした惑星探査機。1989年5月にNASA(ナサ)(アメリカ航空宇宙局)により打ち上げられた。スペースシャトル・アトランティスに搭載されて地球周回軌道上に運ばれ、アトランティスから固体ロケットで金星に向け打ち出された。1990年8月に金星周回軌道に到着している。金星は厚い大気に覆われ、金星表面の詳細な地形図がわかっていなかった。マゼランは合成開口レーダーを使い、金星のほぼ全域にわたり、高解像度の詳細な地形図を作成した。マゼランの大きさは1.5×0.9×0.3メートルで、打上げ時の質量は3349キログラム。直径3.7メートルの高利得アンテナとレーダーアンテナを備える。1994年9月に金星大気の抵抗を使って速度を落とす技術を用いて、高度を下げる実験を行い、より低高度での観測を実施した。1994年10月には金星大気に突入して消滅した。

[編集部]


出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

今日のキーワード

巡視船

海上保安庁に所属し海上の警備と救難業務を行なう船。外洋で行動する大型で航洋性があるものを巡視船といい,港内や湾内などのかぎられた水域で行動する 100総t程度以下の小型のものを巡視艇と呼ぶ。武器として...

巡視船の用語解説を読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android