コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

マナヅル(真鶴∥真那鶴) マナヅルwhite‐naped crane

世界大百科事典 第2版の解説

マナヅル【マナヅル(真鶴∥真那鶴) white‐naped crane】

ツル目ツル科の鳥(イラスト)。全長約130cm。体は石板灰色で,頭頸(とうけい)部は白く,顔は皮膚が裸出して赤い。初列・次列風切は黒いが,雨覆三列風切は灰色で,三列風切は長くのびて体のうしろをおおっている。脚は暗赤色くちばしは黄色ないし緑黄色。繁殖地はシベリア南東部と中国東北部の湿地であるが,繁殖地の状態や繁殖生態は詳しく調査されたことがない。日本,朝鮮半島,中国の長江(揚子江)河口などの湿地・水田・農耕地などで越冬している。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

世界大百科事典内のマナヅル(真鶴∥真那鶴)の言及

【ツル(鶴)】より

…また,タンチョウとマナヅルは日本画に描かれる代表的な鳥の一つである。
[種類]
 シベリア,中国北部で繁殖する種がいちばん多く,マナヅルGrus vipioナベヅルG.monachaタンチョウG.japonensis,ソデグロヅルG.leucogeranus,クロヅルG.grus,カナダヅルG.canadensisの6種を数える。アジアでは,このほかタンチョウが日本で,オグロヅルG.nigricollisがカシミール,チベット,中国北西部の高地で,オオヅルG.antigoneが南アジアで,アネハヅルAnthropoides virgoがアジア中央部で繁殖している。…

【ツル(鶴)】より

…熱帯や南半球のものは留鳥だが,北半球の高緯度地方で繁殖する種は,冬季南へ渡って越冬する。日本では,タンチョウ(イラスト)が北海道に留鳥としてすみ,マナヅル(イラスト),ナベヅル(イラスト),クロヅル,カナダヅル(イラスト),アネハヅル,ソデグロヅルの6種が冬鳥または迷鳥として渡来している。 全長70~150cm。…

※「マナヅル(真鶴∥真那鶴)」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

だまし面接

企業が面談や懇談会と称して就職活動中の学生を呼び出し、実質的には学生を選考する偽装面接のこと。2016年卒業の大学生に対する選考活動の開始時期を、従来の4月1日から8月1日以降へと後ろ倒しする主旨の「...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android