ツル(鶴)(読み)ツル

百科事典マイペディア「ツル(鶴)」の解説

ツル(鶴)【ツル】

ツル科の鳥の総称。形はサギに似て頸(くび)や脚の長い大型の鳥。沼沢地や平原にすみ,昆虫やカエルなどのほか,穀粒も食べる。一雄一雌制。ヨシ原などに枯草や小枝で円錐形の巣をつくり,普通,2卵を産む。全世界に15種。日本には7種の記録がある。かつては全国に分布していたが,近年は北海道釧路付近のタンチョウ約600羽,鹿児島県出水市などのナベヅル約8000羽,マナヅル約2000羽(ほかにソデグロヅルクロヅルカナダヅル等がときに渡来)のほかはまれ。→カンムリヅルフラミンゴ

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

世界大百科事典 第2版「ツル(鶴)」の解説

ツル【ツル(鶴) crane】

ツル目ツル科Gruidaeの鳥の総称。この科は4属15種からなり,ユーラシア大陸,アフリカ,オーストラリア,北アメリカに分布している。とくにアジアに分布する種が多い。熱帯や南半球のものは留鳥だが,北半球の高緯度地方で繁殖する種は,冬季南へ渡って越冬する。日本では,タンチョウ(イラスト)が北海道に留鳥としてすみ,マナヅル(イラスト),ナベヅル(イラスト),クロヅル,カナダヅル(イラスト),アネハヅル,ソデグロヅルの6種が冬鳥または迷鳥として渡来している。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報