コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

マミジロ マミジロGeokichla sibirica; Siberian thrush

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

マミジロ
Geokichla sibirica; Siberian thrush

スズメ目ツグミ科。全長 24cm。雄は白くて太い眉線があり,体のほかの部分はほぼ全身が黒っぽい灰青色。雌は黄褐色の眉線があり,頭,背,,尾は褐色で,胸から腹は黄褐色で白色縦斑が密にある。雌雄ともに,翼の裏面に飛ぶとよく目立つ 2本の白帯がある。シベリア中部と北部,ウスリー地方,アムール地方,サハリン島中国北東部,日本に繁殖分布し,中国南部,インドシナ半島マレー半島スマトラ島に渡って越冬する。日本には夏鳥(→渡り鳥)として渡来し,おもに本州中部,北部と北海道山地に繁殖している。よく茂った広葉樹林を好み,「ちょぼちぃー」あるいは「きょろんちぃー」と聞こえる独特の声でさえずる(→さえずり)。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

百科事典マイペディアの解説

マミジロ

ヒタキ科の鳥。翼長12cm。ツグミ類の一種で,雄は全身黒色に名の由来となった白い眉斑がある。雌は全体に褐色。アジア北東部で繁殖し,冬は南方へ渡る。日本へは夏鳥として渡来し,本州中部以北の山地の森林で繁殖する。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

マミジロ
まみじろ / 眉白
Siberian thrush
[学]Turdus sibiricus

鳥綱スズメ目ヒタキ科ツグミ亜科の鳥。東部シベリア、樺太(からふと)(サハリン)、北海道および本州で繁殖し、インド、インドシナ半島、スマトラ島などで越冬する。全長は約23センチメートルに達する。雄は全身黒色で、白い眉斑(びはん)と、翼の裏の2本の白帯が目だつ。雌は褐色で、下面には淡色の斑がある。本州中部地方の高原の落葉広葉樹林や針広混交林で多く繁殖する。低木の茂みに皿形の巣をつくり、3~4卵を産む。雌雄交代で12~13日間抱卵する。地上で、昆虫やミミズを採食するほか、木の実も食べる。[竹下信雄]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

マミジロの関連キーワードマミジロ(眉白)ハエトリグモ小笠原諸島イシチドリカルガモアジサシセキレイミツドリキビタキクイナカモ眉白上県

今日のキーワード

俳句甲子園

1998年から松山市で開かれる全国高等学校俳句選手権大会。高校生が5人1組で句の優劣をディベートで競い合う。チームでの勝敗とは別に、個人の最優秀句も選ぶ。今年は過去最多の41都道府県から121校、15...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android