マーストリヒト条約(読み)まーすとりひとじょうやく(英語表記)Treaty of Maastricht

日本大百科全書(ニッポニカ)「マーストリヒト条約」の解説

マーストリヒト条約
まーすとりひとじょうやく
Treaty of Maastricht

ヨーロッパ共同体EC)が定めた条約。これによりECはヨーロッパ連合EU)に発展したため、ヨーロッパ連合条約Treaty on European Unionともよばれる。1991年12月、オランダマーストリヒトで開催した首脳会議で採択された。92年2月に調印、93年11月に発効。ECの憲法といわれたローマ条約を包括改定した新しいEUの憲法で、単一通貨の発行スケジュールが盛り込まれた。またヨーロッパ統合運動はこれまで経済を中心としてきたが、マーストリヒト条約は外交・安全保障面でも統合を推進しようとするところに特色がある。ヨーロッパ市民権の確立、ヨーロッパ議会の権限強化、ヨーロッパ刑事警察機構(ユーロポール)の設置なども打ち出した。なお、97年6月の首脳会議では、マーストリヒト条約を大幅に改定した新ヨーロッパ連合条約(アムステルダム条約)が採択された。同条約は軍事行動に反対する加盟国の棄権は議決を妨げないとする「建設的棄権」の考え方を導入し、これによって独自の軍事力保有の道を開いた。

[横山三四郎]

『日本EC学会編『日本EC学会年報 マーストリヒト条約の多角的検証』(1995・有斐閣)』

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

精選版 日本国語大辞典「マーストリヒト条約」の解説

マーストリヒト‐じょうやく ‥デウヤク【マーストリヒト条約】

(マーストリヒトはMaastricht) EU(ヨーロッパ連合)設立に関する条約。一九九一年、オランダのマーストリヒトで開催されたEC(ヨーロッパ共同体)の首脳会議で合意され、九三年発効。欧州連合条約

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

百科事典マイペディア「マーストリヒト条約」の解説

マーストリヒト条約【マーストリヒトじょうやく】

1991年12月にオランダのマーストリヒトで開かれたヨーロッパ共同体(EC)首脳会議で合意をみたヨーロッパ連合(EU)条約のこと。1992年2月に調印。ECの基本法であるローマ条約を改正して,共通の外交・安全保障政策を導入し,単一通貨ECU(エキュ)を発行しようとするもの(通貨の呼称はその後〈Euro(ユーロ)〉と決定)。1993年にスタートした市場統合をこえて1990年代末の通貨統合,政治統合をめざしている。その後,1997年10月にアムステルダム条約が調印され,ヨーロッパ議会の権限強化など統合の進展をはかるために,マーストリヒト条約の運用に伴う調整がなされた。1999年1月からEU15ヵ国中11ヵ国が参加してヨーロッパ通貨統合の第1段階がスタート。
→関連項目単一ヨーロッパ議定書デンマークニース条約マーストリヒトヨーロッパ市場統合ヨーロッパ理事会

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典「マーストリヒト条約」の解説

マーストリヒト条約
マーストリヒトじょうやく
Maastricht Treaty

1991年 12月オランダのマーストリヒトで行われた首脳会議で合意された,ヨーロッパ共同体 EC設立条約 (ローマ条約 ) の改正条約。ヨーロッパ連合条約ともいう。 ECの経済・通貨統合,政治統合の推進を内容とする。遅くとも 99年にヨーロッパ中央銀行を設立,単一通貨を導入し,また共通外交・安全保障政策や共通市民権などの統合の具体的内容を規定している。 92年2月に正式調印され,当初 93年初めに発効することになっていたが,92年6月デンマークが国民投票でこの条約の批准を拒否し,統合を推進する EC加盟国に衝撃を与えた。同年9月のフランス国民投票では僅差で条約批准が確定。翌 93年5月,デンマークは再度国民投票を行なって逆転可決となり,イギリス,ドイツもけわしい道のりを経て批准にこぎつけ,ようやく同年 11月に発効した。それに伴って ECはヨーロッパ連合 EUへと衣がえした。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

旺文社世界史事典 三訂版「マーストリヒト条約」の解説

マーストリヒト条約
マーストリヒトじょうやく
Maastricht

1993年に発効した,ヨーロッパ統合をめざすヨーロッパ連合条約の通称
1992年,オランダのマーストリヒトで開かれたヨーロッパ共同体(EC)加盟12か国の首脳会議で調印され,ECは以後ヨーロッパ連合(EU)と呼ばれるようになった。ローマ条約を改正した同条約では,1999年までのヨーロッパ中央銀行の設立,ヨーロッパ通貨単位の共通化,共通の外交・安全保障政策の採用,欧州市民権の導入などを決め,ヨーロッパ統合を市場統合からさらに通貨統合と政治統合へ道筋をつける方針が決まった。

出典 旺文社世界史事典 三訂版旺文社世界史事典 三訂版について 情報

デジタル大辞泉「マーストリヒト条約」の解説

マーストリヒト‐じょうやく〔‐デウヤク〕【マーストリヒト条約】

1991年12月、オランダのマーストリヒトにおけるEC(欧州共同体)首脳会議で合意された欧州連合条約の通称。ECの経済・政治統合の推進を目的として、EU(欧州連合)の創設、経済・通貨同盟の設定、共通の外交・安全保障政策、欧州市民権などを規定。のちにアムステルダム条約ニース条約へ発展した。1992年2月調印、1993年11月発効。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

世界大百科事典 第2版「マーストリヒト条約」の解説

マーストリヒトじょうやく【マーストリヒト条約】

ヨーロッパ連合条約Treaty on European Unionの通称。EC(ヨーロッパ共同体)構成国が1992年2月7日にオランダのマーストリヒトMaastrichtで調印し,93年11月1日に発効した条約で,ECを含めてEU(ヨーロッパ連合)を設立する法的基盤となっている。
[三つの柱]
 EUは三つの柱からなる。第1の柱はECであり,その最大の課題は経済通貨同盟(EMU)の完成であり,遅くとも1999年までにヨーロッパ中央銀行を創設し,単一通貨(ユーロ)を導入することになった。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

世界大百科事典内のマーストリヒト条約の言及

【ユーロ】より

ヨーロッパ連合(EU)が1999年1月から導入しようとしている単一通貨の呼称であり,またその計算単位。1993年11月1日に発効したマーストリヒト条約では,EUは,経済通貨同盟(EMU)の第3段階に移行し,ヨーロッパ中央銀行制度(ESCB)の下でヨーロッパ中央銀行(ECB)を98年に設立し,翌年から単一通貨を発行することになっている。〈悪貨が良貨を駆逐する〉ことのないように,経済基準をみたす国だけが参加することができる。…

※「マーストリヒト条約」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

ダブルスタンダード

〘名〙 (double standard) 仲間内と部外者、国内向けと外国向けなどのように、対象によって異なった価値判断の基準を使い分けること。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android