コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

マーストリヒト条約 マーストリヒトじょうやく Maastricht Treaty

翻訳|Maastricht Treaty

7件 の用語解説(マーストリヒト条約の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

マーストリヒト条約
マーストリヒトじょうやく
Maastricht Treaty

1991年 12月オランダマーストリヒトで行われた首脳会議で合意された,ヨーロッパ共同体 EC設立条約 (ローマ条約 ) の改正条約。ヨーロッパ連合条約ともいう。 ECの経済・通貨統合,政治統合の推進を内容とする。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉の解説

マーストリヒト‐じょうやく〔‐デウヤク〕【マーストリヒト条約】

1991年12月、オランダのマーストリヒト開かれたEC欧州共同体)首脳会議で合意、1992年2月に調印された欧州連合条約の通称。ECの経済・政治統合の推進を目的として、EU欧州連合)の創設、経済・通貨同盟の設定、共通の外交・安全保障政策、欧州市民権などを規定。のちにアムステルダム条約ニース条約へ発展した。1993年11月発効。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

百科事典マイペディアの解説

マーストリヒト条約【マーストリヒトじょうやく】

1991年12月にオランダのマーストリヒトで開かれたヨーロッパ共同体(EC)首脳会議で合意をみたヨーロッパ連合(EU)条約のこと。1992年2月に調印。ECの基本法であるローマ条約を改正して,共通の外交・安全保障政策を導入し,単一通貨ECU(エキュ)を発行しようとするもの(通貨の呼称はその後〈Euro(ユーロ)〉と決定)。
→関連項目単一ヨーロッパ議定書デンマークニース条約マーストリヒトヨーロッパ市場統合ヨーロッパ理事会

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

外国為替用語集の解説

マーストリヒト条約

欧州連合(EU)創設のための条約で、通貨統合の計画や、通貨統合参加に対する国内経済の一定基準が定められ、1991年12月合意、1993年11月発効。欧州連合条約とも言う。

出典|(株)マネーパートナーズ
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版の解説

マーストリヒトじょうやく【マーストリヒト条約】

ヨーロッパ連合条約Treaty on European Unionの通称。EC(ヨーロッパ共同体)構成国が1992年2月7日にオランダのマーストリヒトMaastrichtで調印し,93年11月1日に発効した条約で,ECを含めてEU(ヨーロッパ連合)を設立する法的基盤となっている。
[三つの柱]
 EUは三つの柱からなる。第1の柱はECであり,その最大の課題は経済通貨同盟(EMU)の完成であり,遅くとも1999年までにヨーロッパ中央銀行を創設し,単一通貨(ユーロ)を導入することになった。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

大辞林 第三版の解説

マーストリヒトじょうやく【マーストリヒト条約】

正称、欧州連合条約。1991年にマーストリヒトで開催されたヨーロッパ共同体首脳会議で同意、92年調印されたヨーロッパ連合( EU )の基本条約。通貨統合・欧州市民権の創設などを柱に、新しく EU を設立した。93年発効。改正ローマ条約。 → ローマ条約アムステルダム条約

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

マーストリヒト条約
まーすとりひとじょうやく
Treaty of Maastricht

ヨーロッパ共同体(EC)が定めた条約。これによりECはヨーロッパ連合(EU)に発展したため、ヨーロッパ連合条約Treaty on European Unionともよばれる。1991年12月、オランダのマーストリヒトで開催した首脳会議で採択された。92年2月に調印、93年11月に発効。ECの憲法といわれたローマ条約を包括改定した新しいEUの憲法で、単一通貨の発行スケジュールが盛り込まれた。またヨーロッパ統合運動はこれまで経済を中心としてきたが、マーストリヒト条約は外交・安全保障面でも統合を推進しようとするところに特色がある。ヨーロッパ市民権の確立、ヨーロッパ議会の権限強化、ヨーロッパ刑事警察機構(ユーロポール)の設置なども打ち出した。なお、97年6月の首脳会議では、マーストリヒト条約を大幅に改定した新ヨーロッパ連合条約(アムステルダム条約)が採択された。同条約は軍事行動に反対する加盟国の棄権は議決を妨げないとする「建設的棄権」の考え方を導入し、これによって独自の軍事力保有の道を開いた。[横山三四郎]
『日本EC学会編『日本EC学会年報 マーストリヒト条約の多角的検証』(1995・有斐閣)』

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典内のマーストリヒト条約の言及

【ユーロ】より

ヨーロッパ連合(EU)が1999年1月から導入しようとしている単一通貨の呼称であり,またその計算単位。1993年11月1日に発効したマーストリヒト条約では,EUは,経済通貨同盟(EMU)の第3段階に移行し,ヨーロッパ中央銀行制度(ESCB)の下でヨーロッパ中央銀行(ECB)を98年に設立し,翌年から単一通貨を発行することになっている。〈悪貨が良貨を駆逐する〉ことのないように,経済基準をみたす国だけが参加することができる。…

※「マーストリヒト条約」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

マーストリヒト条約の関連キーワードフレンド派フンボルト大学正称ユーロスペース千葉寺本四備讚線矢田寺UKエックス線技師JR総連

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone

マーストリヒト条約の関連情報