コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ミチューリン Michurin, Ivan Vladimirovich

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ミチューリン
Michurin, Ivan Vladimirovich

[生]1855.10.28. ドルゴイ
[没]1935.6.7. ミチューリンスク
ソ連の園芸家,育種学者。遠隔交雑,栄養接近法,メントール法など,いわゆるミチューリン農法の創出者。鉄道に勤務しながら,果樹の栄養雑種を研究。 1897年のカナダの異常寒気に際しミチューリンの育成したサクランボの品種だけが寒害を免れたので,アメリカ,カナダの学会で高い評価を受けたが,ロシアでは異端視されていた。 1917年革命後 V.レーニンの支持を受け,ミチューリンの育種場は農業人民委員会の管理に移され,ソ連の育種事業の中心となった。 48年,T.ルイセンコがメンデル遺伝学に反対する立場から生物学理論を構築した際に,ミチューリンの研究を基礎に理論形成を行い,これをミチューリン生物学と名づけたが,ルイセンコの失脚後は,ミチューリンの育種実験はメンデル遺伝学の原理に合致していると評価されている。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

デジタル大辞泉の解説

ミチューリン(Ivan Vladimirovich Michurin)

[1855~1935]ソ連の果樹園芸家。ダーウィン学説指針に耐寒性品種の育成を研究。300種以上の品種を作り出した。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

百科事典マイペディアの解説

ミチューリン

ソ連の育種家。モスクワ南方360kmのコズロフ(現ミチューリンスク)で,C.ダーウィンの著書《家畜と栽培植物の変異》などを手引にして,果樹の耐寒性品種の育成に努力。
→関連項目ヤロビ農法

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて 情報

世界大百科事典 第2版の解説

ミチューリン【Ivan Vladimirovich Michurin】

1855‐1935
ソ連邦の植物育種家。コズロフ(現,ミチューリンスク)の園芸家の息子として生まれる。鉄道員のかたわら果樹栽培をし,のちそれに専念。革命後業績をレーニンによって認められ(1922),コズロフ国営果樹育成所所長。1931年レーニン勲章を受ける。35年ソ連科学アカデミー会員。生物と環境との関係を重視し,ロシアの気候風土に適した果樹の育成方法を工夫,品種改良を行う。接木,遠縁交雑などの技術はその代表的なもの。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

大辞林 第三版の解説

ミチューリン【Ivan Vladimirovich Michurin】

1855~1935) ソ連の果樹育種家。果樹の耐寒品種の育成を数多く行い、ソ連の果樹園芸の中心的役割を果たす。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ミチューリン
みちゅーりん
Иван Владимирович Мичурин Ivan Vladimirovich Michurin
(1855―1935)

ロシア・ソ連の育種家。コズロフ(現、ミチューリンスク)に生まれる。当時の貧しいロシアを「花咲く大地」に変える努力をし、約300種の優良品種(おもに果樹)を育成した。
 ミチューリンの育種法の特徴は、交雑種の選択と雑種植物の育成法にある。交雑を新品種育成の出発点と考え、雑種の特徴は両親の遺伝的形質によるだけでなく、その多くが両親や雑種植物の育成過程の生活条件(管理)によること、とくに植物の生育初期が可変性、適応性に富んでいることを実証した。おもな育種法に遠隔交雑法とメントール(養育者)法がある。前者は地理的あるいは類縁的に離れた交雑親を選ぶことで、後者は接木(つぎき)変異を誘起させる場合、影響を与えようとする台木は成熟したものを選び、影響を受ける側の穂木は若い実生(みしょう)苗を選ぶことで、望ましい形質を子孫に導入する方法である。また遠縁交雑を容易にするための混合花粉受粉法、栄養接近接木法なども考案した。日本には彼の名にちなんだ「日本ミチューリン会」(東京)がある。[柳下 登]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

世界大百科事典内のミチューリンの言及

【農学】より

…土壌肥沃度,単一土壌形成,牧草輪作体系などを中心として研究を展開したV.R.ウィリヤムス(1863‐1939)も土壌学者であり農学者であった。また果樹の品種改良を中心に,独自の方法を開発した園芸育種家I.V.ミチューリン(1855‐1935)の存在も見落とせず,さらに栽培植物の起源を問い,世界各地から栽培種,野生種を収集した遺伝学者N.I.バビロフ(1887‐1943)は,旧ソ連が現在保有する豊富な遺伝資源の礎を築いている。ただ若き日には優れた〈植物生育発展段階説〉を提唱したT.D.ルイセンコ(1898‐1976)が,一方でメンデリズムを否定し,さらに農学研究を忘却して政治的に動いたのは残念であった。…

※「ミチューリン」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

ミチューリンの関連キーワードアレキザンドロ ゲラーシモフチャールズ ドブジンスキーパーヴェル チェレンコフエゴール ストロエフミチューリン学派10月28日大竹 博吉菊池 謙一徳田 御稔徳田御稔