コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

栄養雑種 えいようざっしゅvegetative hybrid

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

栄養雑種
えいようざっしゅ
vegetative hybrid

栄養生殖の様式でつくられた雑種の意味であって,接木 (つぎき) 雑種 graft hybridというのとほぼ同義。すなわち接木において,台木 (下部) と穂 (上部) が代謝物質の交流などによって影響を及ぼし合い,雑種的状態となること。台木での生成物質が穂に着生した果実に入り込んで品質に影響を及ぼすようなことは,予期できる。ただし穂の遺伝子組成が変化したのではないから,種子を育てた場合に,台木の影響がそのまま固定するとは予期できない。動物での栄養雑種については,鳥類での血液入替えの試みが報告されたりしているが,雑種化的な影響が生じたことは,一般には確認されていない。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

デジタル大辞泉の解説

えいよう‐ざっしゅ〔エイヤウ‐〕【栄養雑種】

植物で、有性生殖によらず、栄養器官を入れ替えて作った雑種。接ぎ木によるものが代表的。

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

世界大百科事典 第2版の解説

えいようざっしゅ【栄養雑種 vegetative hybrid】

有性生殖によらない方法でつくられた雑種のこと。接木によって台木が接穂の形質に影響をおよぼす接木雑種graft hybridを指すことが多い。接木雑種は子孫にまで遺伝質の変化が伝わる場合と,接木を行った世代だけに両親の影響が現れるキメラの場合とがある。キメラでも栄養繁殖させれば,栄養系が増えていくだけなので,たくさんの栄養系の個体群に両親の影響を維持させることができる。このようなキメラは品種としても成立するので,キメラをつくる接木雑種を栄養雑種ということもある。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

大辞林 第三版の解説

えいようざっしゅ【栄養雑種】

有性生殖によらず、栄養体の入れ替えによって生じた雑種。植物では接ぎ木がこれに相当する。接ぎ木雑種。

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

栄養雑種
えいようざっしゅ

有性生殖によらないで生じた雑種をいう。植物では接木によって生じた雑種が代表的であり、異なった形質をもった二つの個体から遺伝的に新しい個体をつくりだす場合に使う。[吉田精一]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

世界大百科事典内の栄養雑種の言及

【雑種】より

…たとえば現在世界に広く栽培されているパンコムギ(六倍体,ゲノム式AABBDD)は,栽培二粒系コムギ(四倍体,AABB)と野生種のタルホコムギ(二倍体,DD)の間に自然に生じた属間雑種に由来し,この雑種(三倍体,ABD)の染色体数倍加によって生じた複二倍体起源の作物である。 接木などの手段で有性生殖によらずに両親の形質を併せもつ個体が得られたとき,栄養雑種または接木雑種といい,ナス科植物で実験的に得られている。また最近では遺伝的構成の異なる異種の細胞どうしを人工的に融合させた融合体を雑種細胞とよんでいるが,タバコなどではこのようにして生じた雑種細胞を増殖させてカルスをつくり,さらに再分化させて新しい雑種植物が合成されている。…

※「栄養雑種」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

栄養雑種の関連キーワード接ぎ木雑種・接木雑種ミチューリン栄養生殖吉田精一栄養体

今日のキーワード

分水嶺

1 分水界になっている山稜(さんりょう)。分水山脈。2 《1が、雨水が異なる水系に分かれる場所であることから》物事の方向性が決まる分かれ目のたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android