コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ミヤマホオジロ ミヤマホオジロEmberiza elegans; yellow-throated bunting

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ミヤマホオジロ
Emberiza elegans; yellow-throated bunting

スズメ目ホオジロ科。全長約 16cm。雌雄とも黒褐色の短い冠羽(→羽冠)がある。雄は目先から耳羽にかけてアイマスクをかけたように黒い。そのほかの頭部や喉は黄色で,その縁の頸あたりが白くなる。胸には逆三角形の黒い模様があり,腹部は白く,脇に褐色の縦斑がある。背,は黒褐色で黒い縦斑がある。腰はやや灰褐色,尾羽は黒褐色で,両端の羽毛が白い。雌は胸に黒い模様がなく,目先から耳羽にかけても褐色で,全体に羽色が雄より地味である。おもにロシア南東部,中国北東部,朝鮮半島と,以上とは離れて中国南部に繁殖分布する。朝鮮半島や中国南部では留鳥だが,日本や中国東部では冬鳥(→渡り鳥)である。日本では対馬広島県で繁殖記録があり,北海道西部から琉球諸島に冬鳥として渡来するが,西日本に多い。平地と低山の低木の茂みや疎林,林縁,公園などに生息する。冬季は種子食で,繁殖期は昆虫類やクモ類なども食べる。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ミヤマホオジロ
みやまほおじろ / 深山頬白
yellow-throated bunting
[学]Emberiza elegans

鳥綱スズメ目ホオジロ科の鳥。同科ホオジロ属38種中の1種である。全長約15.5センチメートルに達する。アムール地方、中国東北部、南西部などで繁殖し、冬季は日本、中国南部などに至る。[坂根 干]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

ミヤマホオジロの関連キーワードシトド頬白

今日のキーワード

俳句甲子園

1998年から松山市で開かれる全国高等学校俳句選手権大会。高校生が5人1組で句の優劣をディベートで競い合う。チームでの勝敗とは別に、個人の最優秀句も選ぶ。今年は過去最多の41都道府県から121校、15...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

ミヤマホオジロの関連情報