コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ムギマキ Ficedula mugimaki; mugimaki flycatcher

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ムギマキ
Ficedula mugimaki; mugimaki flycatcher

スズメ目ヒタキ科。全長約 13cm。雌雄異色。雄は頭部および背以下の背面がくすんだ灰黒色で,眼の後方に目立つ白い眉斑があり,喉から上腹部までは美しい橙褐色で,下腹部は白い。雌は頭部と背がオリーブ灰色で,腹面は雄に似るが,色が淡い。ロシア南東部やアムール川流域,サハリン島中国北東部などで繁殖する。繁殖地は高地の針葉樹林で,巣は高木の樹上につくる。繁殖期以外は中国南部からマレー半島フィリピンボルネオ島北部,インドネシアに渡る。昆虫食で,飛んでいる虫を留まっている枝から飛び出してとる。日本では渡りの途中に立ち寄り,平地から山地の林に生息するが,数は多くない。本種の名は一説では秋の麦まきの時期に渡ってくるのが由来とされる。古名コツバメ(小燕)という。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ムギマキ
むぎまき / 麦蒔
mugimaki flycatcher
[学]Ficedula mugimaki

鳥綱スズメ目ヒタキ科ヒタキ亜科の鳥。全長約13センチメートル。雌雄異色で、雄は上面が黒く、胸は橙褐色(とうかっしょく)、腹は白い。目の後ろと翼に白斑(はくはん)がある。雌は上面が褐色で胸は淡橙色。嘴(くちばし)は扁平(へんぺい)であるが口は大きく開き、空中で飛翔(ひしょう)昆虫をとる。ウスリー、バイカル地方、中国東北部、樺太(からふと)(サハリン)の針葉樹林で繁殖し、中国南部からスマトラ島にかけて渡り、越冬する。日本では、春秋の渡りに通過する旅鳥である。[竹下信雄]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

ムギマキの関連キーワードムギマキ(麦蒔)

今日のキーワード

グランピング

「グラマラス(Glamorous)」と「キャンピング(Camping)」を掛け合わせた造語で、ホテル並みの設備やサービスを利用しながら、自然の中で快適に過ごすキャンプのこと。従来型のキャンプとは一線を...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android