コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

イヌ(犬) イヌ

百科事典マイペディアの解説

イヌ(犬)【イヌ】

食肉目イヌ科の哺乳(ほにゅう)類。家畜中で最も歴史が古く,旧石器時代後期すでに数種類があった。祖先はディンゴや北アフリカからアジアの熱帯にすむパリア犬に近いものといわれ,地方によってはオオカミとの交配も行われたらしい。
→関連項目家畜猟犬

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて 情報

世界大百科事典 第2版の解説

イヌ【イヌ(犬) dog】

食肉目イヌ科の哺乳類イエイヌともいう。もっとも古い家畜で人間のすむところどこにも見られ,400に及ぶ品種がある。したがって形態はきわめて変化に富むが,どのイヌもつねに後述のようなイヌ科イヌ属イヌ亜属の特徴を備えている。
【形態】
 家畜のイヌは,体高15~20cm,体重0.5~2.5kgのチワワから体高95cmに達するアイリッシュ・ウルフハウンド,体重110kg以上に達するセント・バーナードまで,大きさに著しい変異があるだけでなく,四肢や吻(ふん)の長さ,毛の長短,粗密と色彩,耳介の形と大きさ,尾の形など千差万別といってよいほど変化に富む。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

世界大百科事典内のイヌ(犬)の言及

【犬張子】より

…犬の形姿を模した紙製の置物。古くは御伽犬(おとぎいぬ),宿直犬(とのいいぬ),犬筥(いぬばこ)ともいった。室町時代以降,公家や武家の間では,出産にあたって産室に御伽犬または犬筥といって筥形の張子の犬を置いて,出産の守りとする風があった。はじめは筥形で中に守札などを入れ,顔も小児に似せたものであった。庶民の間には江戸時代後期に普及したらしく,嫁入道具の一つに加えられ,雛壇にも飾られた。犬張子を産の守りとする風は,犬が多産でお産が軽い動物と信じられ,かつ邪霊や魔をはらう呪力があると信じられたからであろう。…

【縄文文化】より

…これが縄文文化の基盤であり,原始的な農耕によって縄文経済が支えられていたとする,いわゆる縄文農耕説は疑問である。
[家畜の飼育]
 早期初頭の神奈川県夏島貝塚からイヌの骨格が発見されており,世界的にも相当古い飼育例となる。さらにイヌの死体も手厚く葬られており,狩猟あるいは愛玩用としての縄文人との緊密な関係がうかがわれる。…

【体温】より

…これには発汗とパンティング(あえぎ呼吸)がある。後者は呼吸気道からの潜熱による放熱を増加する反応であって,鳥類やイヌのように汗腺の発達していない動物にみられる。体温の平均的な値およびその正常な変動の範囲は種によって異なる。…

※「イヌ(犬)」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

イヌ(犬)の関連キーワードアイリッシュ・ウルフハウンドセント・バーナード[種]セント・バーナードオオカミ(狼)チワワ[種]日本犬

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android