コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

メギ

百科事典マイペディアの解説

メギ

コトリトマラズとも。メギ科の落葉小低木。本州(関東以西)〜九州の山野にはえる。小枝を分かって茂り,鋭いとげがある。葉は倒卵形で小さく,裏面は白みがあり,とげの付け根などに束生,若枝では互生する。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて | 情報

世界大百科事典 第2版の解説

メギ【(Japanese) barberry】

メギ科の落葉低木(イラスト)。鋭いとげがあるので,コトリトマラズヨロイドオシなどの名もある。高さ1~4m,幹には縦に稜がある。とげは葉が変形したもの。葉は全縁で短枝に集中してつき,単葉だが,複葉起源と考えられている。托葉はない。枝から垂れ下がった花序は散形状の集散花序。花期は4月。花は黄色で6枚の萼片,6枚の花弁,6本のおしべ,1本のめしべからなる。花弁の基部には2個の蜜腺がある。おしべの花糸は触れるとめしべ側へ傾く。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

メギ
めぎ / 目木
[学]Berberis thunbergii DC.

メギ科の落葉低木。枝は長枝と短枝があり、短枝に葉を束生する。葉は互生し、小形のへら形で全縁。長枝の葉は刺(とげ)に変形する。4~5月、散形状の集散花序をつくり、黄色花を開く。萼片(がくへん)は6枚、花弁は6枚で2個の蜜腺(みつせん)がある。雄しべは6本、葯(やく)は弁開する。刺激を与えると、花糸は雌しべ側へ傾く。雌しべは1本、子房は1室で中に胚珠(はいしゅ)が2、3個ある。果実は赤色の液果。山地に生え、中部地方以西の本州から九州に分布する。名は、茎や葉を煎(せん)じて洗眼に使うことによる。
 メギ属の植物は刺が鋭いのでヨロイドオシ、トリトマラズなどの異名がある。コムギに害を与えるサビ菌のサビ胞子の寄主として知られている。また、ベルベリンなどのアルカロイドが含まれるため、古くから眼病薬、胃薬などに用いられるほか、庭木としても利用される。ヒイラギナンテン属と近縁で、属間雑種も可能である。世界に約500種知られ、北半球の温帯域を中心に、アフリカ、南アメリカまで分布する。日本にはメギオオバメギ、ヘビノボラズ、ヒロハヘビノボラズが生育する。[寺林 進]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

今日のキーワード

噴飯物

食べかけの飯をこらえきれずに噴き出してしまうほどに、おかしくてたまらない出来事。もの笑いのたねになるような、みっともない事柄。「政治屋が政界浄化を語るなど噴飯物だ」[補説]文化庁が発表した平成24年度...

続きを読む

コトバンク for iPhone

メギの関連情報