コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

メリッソス メリッソス Melissos

4件 の用語解説(メリッソスの意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

メリッソス
メリッソス
Melissos

[生]前480頃.サモス
[没]前400頃
古代ギリシアの哲学者。パルメニデスの弟子で,エレア派の最後の重要人物。海軍指揮官でもあり,前 441~440のアテネヘの反乱ではサモスの艦隊を指揮した。彼の哲学の主たる活動は,永遠不変の真実在を仮象的世界に対して立てたパルメニデス哲学の弁護であり,独自の思想的展開はあまりみられない。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

百科事典マイペディアの解説

メリッソス

前5世紀中葉に活動した古代ギリシアの哲学者。サモス島の人。エレア学派の最後を飾る人物にして,前441年の対アテナイ戦を勝利に導いた提督として知られる。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

世界大百科事典 第2版の解説

メリッソス【Melissos】

古代ギリシアの哲学者。生没年不詳。イオニア地方サモス島の生れ。前441年にアテナイ海軍を破った提督,政治家でもあるが,エレア学派の最後の担い手として知られる。実在の不変不動性,一性を主張する点で師のパルメニデスと同一の立場にあったが,彼による実在の無限性,非物体性の主張は,彼がたんにエレア学派の末流にとどまらず,哲学史において彼独自の重要な寄与を行った人物であることを明らかにしている。【広川 洋一】

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

メリッソス
めりっそす
Melissos
(前480ころ―前400ころ)

イオニア地方サモス島出身の古代ギリシア哲学者で、エレア学派最後の人。変化は非存在からの生成か非存在への消滅であるが、パルメニデスに従って非存在は存在せずとして、「有るもの」を不変としたが、パルメニデスと異なって「有るもの」に過去と未来を許し、つねに永続すると考えた。空間上も無限とした。無限性から「有るもの」の唯一性を論証強調した。二つのものが存在すれば相互に限定しあうはずだからである。そして唯一性から「有るもの」は部分をもたず、したがって物体でないことを証明し、それが存在充実のなかにあるとして空虚を退けた。[山本 巍]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典内のメリッソスの言及

【エレア学派】より

…前6世紀の後半,南イタリアのエレアElea市に興った哲学の一派。パルメニデスを祖とし,ゼノン,メリッソスと続いた。感覚される事実を虚妄とし,思惟される事実こそ真実と宣言したパルメニデスは,日常経験からは疑いえぬ明白な事実である生成,変化,運動,多を全面的に否定し,弟子たちもこの説を側面から擁護した。…

※「メリッソス」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

メリッソスの関連キーワードアリストクセノススペウシッポスピタゴラスヘシュキオスヘロディアノスギリシャ哲学イオニア式ティモンピュタゴラスディオゲネス・ラエルティオス

今日のキーワード

大寒

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の 12月中 (12月後半) のことで,太陽の黄経が 300°に達した日 (太陽暦の1月 20日か 21日) から立春 (2月4日か5日) の前日までの約 15日間で...

続きを読む

コトバンク for iPhone