コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

メースフィールド Masefield, John

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

メースフィールド
Masefield, John

[生]1878.6.1. レッドベリー
[没]1967.5.12. アビンドン近郊
イギリスの詩人。早くから海洋に憧れて船員となり,アメリカ合衆国に渡って放浪,帰国して雑誌記者となり,詩作を始めた。詩集『海の歌曲』Salt-Water Ballads(1902)や物語詩『へぼ絵かき』Dauber(1913)などで認められ,以後,劇作,小説,評論など多方面で活躍。戯曲『忠義』The Faithful(1915)は「忠臣蔵」を題材にしたもの(→赤穂事件)。『シェークスピア論』Shakespeare(1911)はホーム・ユニバーシティ双書の一冊。1930年にはロバート・ブリッジズのあとを受けて桂冠詩人に任じられた。1935年メリット勲章を受章した。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

百科事典マイペディアの解説

メースフィールド

英国ジョージ朝期の詩人。船員になり世界各地をまわる。1895年ニューヨークへ行き労働者として3年を過ごす。《海の歌曲》(1902年)の短詩や《黄水仙原》《貧乏画家》(1913年)などの下層の人びとを描く物語詩によって認められる。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて 情報

世界大百科事典 第2版の解説

メースフィールド【John Masefield】

1878‐1967
イギリスの詩人,小説家,劇作家,批評家。少年時代に船員となったが,アメリカ滞在中に作家志望に転じ,帰国してからは長詩《恩寵》(1911),《狐レーナード》(1919),戯曲《ポンペイの悲劇》(1910),小説《群衆と孤独》(1909),評論《シェークスピア》(1911),第1次大戦体験記《ガリポリ》(1916)など多くの作品を発表した。1930年,R.ブリッジズの後を継いで桂冠詩人となった。【高橋 康也】

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

メースフィールド
めーすふぃーるど
John Edward Masefield
(1878―1967)

イギリスの詩人。船乗りの出で、1902年『海水民謡詩集』を出版して海の詩人として一躍知られ、物語詩『永遠の慈悲』(1911)では酔いどれの乱暴者を主人公として、社会の底辺に生きる人々への共感を示し注目された。とくに叙事詩で真価を発揮し、男性的な力強さと豊かな青春の叙情を歌い上げるロマンチックな詩風が人気を博した。1930年桂冠(けいかん)詩人に任命された。[富士川義之]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

世界大百科事典内のメースフィールドの言及

【児童文学】より

…72年には動物ファンタジー《ウォーターシップ・ダウンのうさぎたち》がアダムズR.Adamsによって書かれた。冒険小説もJ.メースフィールドを経て,ランサムA.Ransomeのたのしい休暇中のヨット旅行の数々の冒険(1930‐47)に発展した。歴史小説ではサトクリフR.Sutcliffがぬきんでて,両トリーズG.Trease,H.TreaseやウェルチL.Welch,ハーネットC.Harnett,バートンH.Burtonらがつづく。…

※「メースフィールド」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

メースフィールドの関連キーワードアーサーの死富士川義之海洋文学

今日のキーワード

阪神園芸

阪神電気鉄道株式会社の子会社で、兵庫県西宮市に本社を置く造園会社。正式名称は「阪神園芸株式会社」。1968年に設立された。環境緑化工事の施工・維持管理、公園植栽などの管理、観葉植物のリースといった業務...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android