コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

モクズガニ モクズガニEriocheir japonicus; Japanese mitten crab

4件 の用語解説(モクズガニの意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

モクズガニ
モクズガニ
Eriocheir japonicus; Japanese mitten crab

軟甲綱十脚目モクズガニ科。内湾および河川で見られるカニで,各地でカワガニケガニズガニモクゾウガニなどと呼ばれる。甲は幅 6cm,丸みのある四角形で,額は波形にはり出し,また甲の前側縁には幅広い 3歯と痕跡的な 1歯がある。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

百科事典マイペディアの解説

モクズガニ

ズガニ,モクタとも。甲殻綱イワガニ科のカニ。甲幅6cmくらい。甲は丸みのある四角形,額は横にまっすぐで,前側縁には3個の歯がある。色は青黒色,はさみの掌部に長い軟毛の房があり,腕節にも毛を生じるものが多く,これが藻くずをつけているように見えるのでこの名がある。
→関連項目カニ(蟹)特定外来生物

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
百科事典マイペディアについて | 情報

世界大百科事典 第2版の解説

モクズガニ【Eriocheir japonicus】

十脚目イワガニ科の甲殻類(イラスト)。各地で食用にするカニで,カワガニ,ケガニ,ズガニ,モクゾウなどと呼ぶ地方も多い。しかし,ハイキュウチュウ(肺吸虫)の第2中間宿主になることがあるので,注意を要する。甲幅6cmほどで,甲の輪郭は丸みのある四角形。甲域は浅く分けられている。額は広く,前縁は波状に張り出している。甲の前側縁は深い切れ込みが二つと痕跡的な切れ込みが一つある。はさみ脚の腕節先端部,掌部,両指基部には長い軟毛が密生していて,これが藻くずをつけているように見えるのでこの名がある。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

モクズガニ
もくずがに / 藻屑蟹
Japanese mitten crab
[学]Eriocheir japonicus

節足動物門甲殻綱十脚(じっきゃく)目イワガニ科に属するカニ。各地でカワガニ、ケガニ、ズガニなどとよび、食用にする。樺太(からふと)(サハリン)、北海道から琉球(りゅうきゅう)諸島、朝鮮半島南部、台湾、香港(ホンコン)に分布し、小笠原(おがさわら)諸島からも知られている。甲幅6センチメートルあるいはそれ以上に達し、甲の輪郭は丸みのある四角形。額(がく)は波状に張り出す。甲の前側縁には幅広い3歯と痕跡(こんせき)的な1歯がある。はさみ脚(あし)は左右同大。掌部全面と両指基部に長い軟毛が密に生えており、表面は見えない。川の中流域で生活するが、産卵のために川を下り、2、3回産卵し、幼生を放出した約半年後にふたたび川を上る。一部の個体はそのまま潮間帯に残るらしい。近縁種のシナモクズガニE. sinensis(近年はチュウゴクモクズガニともよばれる)はシャンハイガニの名で食用として輸入されている。モクズガニによく似ているが、額歯、前側縁歯ともずっと鋭い。朝鮮半島の黄海沿岸、忠清南道付近でモクズガニと分布を接し、中国全土のクリークに生息する。現在ではヨーロッパ各地の河川にごく普通にみられるが、幼ガニが黄河か揚子江(ようすこう)から船倉の水とともに運ばれたと考えられ、甲殻類の人為的移住の好例となっている。[武田正倫]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

世界大百科事典内のモクズガニの言及

【チュウゴクモクズガニ】より

…日本産のモクズガニによく似た甲殻綱イワガニ科のカニで,甲幅8cmに達する大型種(イラスト)。かつてはシナモクズガニと呼ばれた。…

※「モクズガニ」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

稀勢の里寛

1986- 平成時代の力士。昭和61年7月3日生まれ。中学卒で鳴戸部屋に入門し,平成14年3月初土俵。16年5月新十両,同年11月には18歳4ヵ月で新入幕をはたす。18年7月新三役小結,21年3月新関...

続きを読む

コトバンク for iPhone

モクズガニの関連情報