コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

モザイク病(クリムソンクローバ)

飼料作物病害図鑑の解説

モザイク病(クリムソンクローバ)

代表的なウイルス病。自然状態では利用2ー3年目からはほとんどの株が罹病する。病徴は春から現れるが、植物の種類や環境条件によって、黄斑モザイク、緑 斑モザイク、退緑斑点、縮葉など様々な病徴となる。ウイルスはアブラムシにより伝播されるが、その種類も様々である。病原ウイルスは3種が報告されている が、主なものはAMV、BYMVである。病徴によりウイルスの種類が大体判別できる。

出典 畜産草地研究所飼料作物病害図鑑について 情報

モザイク病(クリムソンクローバ)の関連キーワードスタンリー(Wendell Meredith Stanley)カリフラワーモザイクウイルスモザイク病(トウモロコシ)キュウリモザイクウイルスウェンデル スタンリータバコモザイクウイルス遺伝子組換え植物イワノフスキータバコ(煙草)植物ウイルス病バラ(薔薇)ベイエリンク植物ウイルススタンレー植物病理学モザイク病病虫害ダイズ生命核酸

今日のキーワード

ムガベ大統領

1924年、英植民地の南ローデシア(現ジンバブエ)生まれ。解放闘争に参加し、80年にジンバブエを独立に導いた。同年から首相、87年から大統領として実権を握り続けた。2000年以降は白人農場主の農園を強...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android