モザイク病(クリムソンクローバ)

飼料作物病害図鑑の解説

モザイク病(クリムソンクローバ)

代表的なウイルス病。自然状態では利用2ー3年目からはほとんどの株が罹病する。病徴は春から現れるが、植物の種類や環境条件によって、黄斑モザイク、緑 斑モザイク、退緑斑点、縮葉など様々な病徴となる。ウイルスアブラムシにより伝播されるが、その種類も様々である。病原ウイルスは3種が報告されている が、主なものはAMV、BYMVである。病徴によりウイルスの種類が大体判別できる。

出典 畜産草地研究所飼料作物病害図鑑について 情報

今日のキーワード

終末時計

アメリカの科学雑誌『ブレティン・オブ・ジ・アトミックサイエンティスツ』が毎号表紙に掲げている「地球最後の日」までの時間を表示する時計。核戦争の危機を訴え,1947年に初めて登場。米ソ冷戦の終結を迎えて...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android