コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

モザイク病(トウモロコシ)

飼料作物病害図鑑の解説

モザイク病(トウモロコシ)

トウモロコシの最も重要なウイルス病。初め葉身に葉脈に沿った黄色の条斑からなるモザイクができるが、激発すると株全体が大幅に萎縮する。病原ウイルスは5月頃から発生するアブラムシにより伝搬される。病原ウイルスScMVはサトウキビ系統を判別品種として10以上のストレインに分けられている。わが国ではScMV-B系統が発生している。また、メヒシバ、アワ類などにも同じウイルスが寄生しており、伝染源となることが明らかになっている。2003年には種子伝染性MDMVによるモザイク病が発生した。

出典 畜産草地研究所飼料作物病害図鑑について 情報

モザイク病(トウモロコシ)の関連キーワードスタンリー(Wendell Meredith Stanley)カリフラワーモザイクウイルスキュウリモザイクウイルスウェンデル スタンリータバコモザイクウイルス遺伝子組換え植物イワノフスキー植物ウイルス病タバコ(煙草)バラ(薔薇)ベイエリンクトウモロコシ植物ウイルス植物病理学スタンレー病虫害ダイズ生命核酸

今日のキーワード

桃李もの言わざれども下自ら蹊を成す

《「史記」李将軍伝賛から》桃やすももは何も言わないが、花や実を慕って人が多く集まるので、その下には自然に道ができる。徳望のある人のもとへは人が自然に集まることのたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android