コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

モザンビーク海峡 モザンビークかいきょうMozambique Channel

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

モザンビーク海峡
モザンビークかいきょう
Mozambique Channel

インド洋南西部,マダガスカル島アフリカ大陸のモザンビークとの間の海域。南北約 1600km,最大幅約 950km,最小幅約 400km。最深部約 3000m。北から南へ暖流のモザンビーク海流が流れる。北端部にはコモロを構成する三つの島と,フランス海外県のマヨット島がある。古くからアジアアラブヨーロッパの船が多く通過し,今日でもアラビア海大西洋を結ぶ航路となっている。モザンビーク側にはナカラベイラポルトアメリアモザンビークマプトマダガスカル側にはマハジャンガトリアリーなどの主要港がある。1971年末,スエズ以南のアフリカ東海岸大陸棚では最初の海底油田の兆候が認められ,天然ガス層も発見された。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

百科事典マイペディアの解説

モザンビーク海峡【モザンビークかいきょう】

アフリカ南東部とマダガスカル島との間にあり,長さ約1600km,幅400〜800kmの海峡。ヨーロッパとアジアを結ぶアフリカ回航路として重要。北部にコモロ諸島,南部にバサス・ダ・インディア島,ユーロパ島がある。
→関連項目マジュンガ

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて | 情報

世界大百科事典 第2版の解説

モザンビークかいきょう【モザンビーク海峡 Mozambique Channel】

アフリカ南東岸とマダガスカル島の間の海峡。長さ約1600km,幅は最も狭い所でも400kmにおよぶ。15世紀末ころ,ヨーロッパとアジアを結ぶアフリカ回航路の経路として,ポルトガルの航海者によって開拓された。スエズ運河の開通(1869)でその重要性は減じたが,運河が閉鎖された場合や,運河を利用できない大型タンカーにとっては依然として利用価値が高い。北端部に近くコモロ諸島,南部にはバサス・ダ・インディアとユーロパの小島が浮かび,戦略的な要点としてフランスが領有していたが,コモロ諸島は1975年に独立した。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

大辞林 第三版の解説

モザンビークかいきょう【モザンビーク海峡】

インド洋西部、モザンビークとマダガスカル島との間の海峡。

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

モザンビーク海峡
もざんびーくかいきょう
Mozambique Channel

インド洋南西部、アフリカ大陸南東部とマダガスカル島とを分ける海峡。もっとも狭い所はモザンビーク市とサンタンドレ岬の間の約400キロメートル、もっとも広い所で約960キロメートルある。北の入口にはコモロ諸島があり、南部にも小島がある。南東貿易風が卓越するが、北部では夏に北東貿易風が優勢になり、インド洋上で発生したサイクロンが南西に進んで海峡に入ってくることがある。モザンビーク海流(暖流)が北から南へ流れている。1498年にバスコ・ダ・ガマが喜望峰を迂回(うかい)してモザンビークに到達して以後、1869年にスエズ運河が開通するまで、ヨーロッパとアジアを結ぶ重要な航路であった。[中村和郎]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例