コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

モザンビーク海峡 モザンビークかいきょう Mozambique Channel

6件 の用語解説(モザンビーク海峡の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

モザンビーク海峡
モザンビークかいきょう
Mozambique Channel

インド洋南西部,マダガスカル島アフリカ大陸のモザンビークとの間の海域。南北約 1600km,最大幅約 950km,最小幅約 400km。最深部約 3000m。北から南へ暖流のモザンビーク海流が流れる。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉の解説

モザンビーク‐かいきょう〔‐カイケフ〕【モザンビーク海峡】

インド洋南西部、アフリカ大陸のモザンビークマダガスカル島との間の海峡。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

百科事典マイペディアの解説

モザンビーク海峡【モザンビークかいきょう】

アフリカ南東部とマダガスカル島との間にあり,長さ約1600km,幅400〜800kmの海峡。ヨーロッパアジアを結ぶアフリカ回航路として重要。北部にコモロ諸島,南部にバサス・ダ・インディア島,ユーロパ島がある。
→関連項目マジュンガ

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

世界大百科事典 第2版の解説

モザンビークかいきょう【モザンビーク海峡 Mozambique Channel】

アフリカ南東岸とマダガスカル島の間の海峡。長さ約1600km,幅は最も狭い所でも400kmにおよぶ。15世紀末ころ,ヨーロッパとアジアを結ぶアフリカ回航路の経路として,ポルトガルの航海者によって開拓された。スエズ運河の開通(1869)でその重要性は減じたが,運河が閉鎖された場合や,運河を利用できない大型タンカーにとっては依然として利用価値が高い。北端部に近くコモロ諸島,南部にはバサス・ダ・インディアとユーロパの小島が浮かび,戦略的な要点としてフランスが領有していたが,コモロ諸島は1975年に独立した。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

大辞林 第三版の解説

モザンビークかいきょう【モザンビーク海峡】

インド洋西部、モザンビークとマダガスカル島との間の海峡。

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

モザンビーク海峡
もざんびーくかいきょう
Mozambique Channel

インド洋南西部、アフリカ大陸南東部とマダガスカル島とを分ける海峡。もっとも狭い所はモザンビーク市とサンタンドレ岬の間の約400キロメートル、もっとも広い所で約960キロメートルある。北の入口にはコモロ諸島があり、南部にも小島がある。南東貿易風が卓越するが、北部では夏に北東貿易風が優勢になり、インド洋上で発生したサイクロンが南西に進んで海峡に入ってくることがある。モザンビーク海流(暖流)が北から南へ流れている。1498年にバスコ・ダ・ガマが喜望峰を迂回(うかい)してモザンビークに到達して以後、1869年にスエズ運河が開通するまで、ヨーロッパとアジアを結ぶ重要な航路であった。[中村和郎]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

モザンビーク海峡の関連キーワードコモロマダガスカルマダガスカル島マヨット島マラガシー亜区コモロ諸島マダガスカル2マダガスカル3アフリカ・マダガスカル・モーリシャス共同機構アフリカ・マダガスカル連合

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone