コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

モヘンジョ・ダロ モヘンジョダロ

百科事典マイペディアの解説

モヘンジョ・ダロ

ハラッパーと並ぶインダス文明の代表的都市遺跡で,パキスタンのシンド州にある。1922年発見され,R.D.バネルジー,J.マーシャルらが発掘。規模は,河川によって破壊された外縁部を除いて約1.6km四方と推定され,市街には東西・南北に大通りが走り,下水溝が通じ,整然とした都市計画の跡が認められる。
→関連項目シンド[州]チャンフー・ダロマーシャル

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて | 情報

モヘンジョ・ダロの関連キーワードジョン・H. マーシャルチャンフー・ダロ遺跡コト・ディジ遺跡インド国立博物館チャンフー・ダロハラッパー遺跡インド系文字カイルプールインダス文字インド舞踊インド建築都市国家ラルカナロータルプール手相学浴場印章

今日のキーワード

吝か

[形動][文][ナリ]1 (「…にやぶさかでない」の形で)…する努力を惜しまない。喜んで…する。「協力するに吝かではない」2 思い切りの悪いさま。「民衆も天才を認めることに―であるとは信じ難い」〈芥川...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

モヘンジョ・ダロの関連情報