コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

モヘンジョ・ダロ モヘンジョダロ

百科事典マイペディアの解説

モヘンジョ・ダロ

ハラッパーと並ぶインダス文明の代表的都市遺跡で,パキスタンのシンド州にある。1922年発見され,R.D.バネルジー,J.マーシャルらが発掘。規模は,河川によって破壊された外縁部を除いて約1.6km四方と推定され,市街には東西・南北に大通りが走り,下水溝が通じ,整然とした都市計画の跡が認められる。住宅は煉瓦造で,多く浴場,井戸をもつ。他に大浴場や集会所などの公共建築もある。遺物には,素文・彩文の土器(多くろくろ製で,(うわぐすり)をかけたものもある),銅器,青銅器,金属製の装身具,人物・動物を表した泥像などのほか,おもに方形の印章が多数ある。これに書かれた絵文字は未解読(インダス文字)。1980年,世界文化遺産に登録。
→関連項目シンド[州]チャンフー・ダロマーシャル

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

モヘンジョ・ダロの関連キーワードジョン・H. マーシャルチャンフー・ダロ遺跡チャンフー・ダロコト・ディジ遺跡インド国立博物館ハラッパー遺跡インド系文字カイルプールインド舞踊インド建築ロータルインダスラルカナ都市国家プール手相学

今日のキーワード

スタットキャスト

大リーグの全30球場に高精度カメラやレーダーを設置し、ボールや選手の動きを細かく分析。走攻守全てで、これまで分からなかったデータを解析し、試合やチーム作りに生かせる。例えば投手では、投げる球種の回転数...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

モヘンジョ・ダロの関連情報