ヤシ(椰子)油(読み)やしゆ

百科事典マイペディア「ヤシ(椰子)油」の解説

ヤシ(椰子)油【やしゆ】

コプラ油とも。ココヤシの果実を乾燥した胚乳(コプラ)から圧搾採取した油脂。白〜淡黄色で,特有のにおいがあり,ラウリン酸ミリスチン酸パルミチン酸など飽和脂肪酸の含量が高い。セッケン原料のほか,マーガリン,ショートニングの製造に用いる。→ココナッツ
→関連項目植物油脂

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

今日のキーワード

筍梅雨

《伊勢・伊豆地方の船乗りの言葉から》たけのこの出る陰暦4、5月ごろに吹く南東風のこと。湿気が多く、雨を伴うことが多い。筍流し。《季 夏》...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android