コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ユダヤ音楽 ユダヤおんがく

3件 の用語解説(ユダヤ音楽の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ユダヤ音楽
ユダヤおんがく

ユダヤ人の遊牧・農耕時代に,労働に結びついた交互唱を含む民謡があり,キンノル (リラ型弦楽器) ,ウガーブ (管楽器あるいはハープの一種と解釈される) などの楽器が使われた。宗教音楽としては,ショファル (角笛) の吹奏や賛歌が歌われた。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版の解説

ユダヤおんがく【ユダヤ音楽】

ユダヤ音楽は,本来セム語系諸族のユダヤ民族に帰属するものとして,その形態と性格は西アジア音楽と共通の次元でとらえられる。しかしながらそれは,西暦紀元直後より本格化したユダヤ民族の離散(ディアスポラ)とそれに伴う文化変容のなかで,きわめて特色ある展開をするにいたった。(1)古代イスラエル時代(放浪期,王国期) この時代の音楽は,おもに旧約聖書から類推できる。旧約聖書には,音楽の始祖ユバルについての記事を筆頭に,預言の音楽,祈りの歌,仕事歌,儀式のための付随音楽,愛歌,哀歌,宴のようす,女性の歌と踊り,音楽治療(例:鬱病のサウル王のためにリラを弾くダビデ)など,この時代を通じての音楽状況に関するさまざまの言及がみられ,さらには,《紅海渡りの歌》《ミリアムの歌》《井戸の歌》などの歌の詞や,まとまった歌詞集成としての《詩篇》《雅歌》《哀歌》なども含まれている。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ユダヤ音楽
ゆだやおんがく

ユダヤ民族の音楽。その長い歴史的変遷と民族の地理的拡散のなかに主として口伝によって伝承されてきたため、その音楽には多様な様相がみられる。[田井竜一]

古代ヘブライ期

『旧約聖書』の記述によると、礼拝や祈祷(きとう)に伴う音楽と舞踊、戦いの勝利の音楽などさまざまな音楽が演奏されていたことがうかがえる。楽器では小形シンバル、枠太鼓、リラの類、リード笛、銀製トランペット、角笛(つのぶえ)(ショファール)などの名があげられる。このうち、ショファールは今日のユダヤ教儀式でも使用されている。さらにダビデ・ソロモン時代(前10世紀以後の王政時代)には、神殿において犠牲の奉献と結び付いた盛大な礼拝音楽が演じられた。[田井竜一]

離散期

紀元70年のエルサレム第二神殿崩壊後、ユダヤ民族は全世界に離散してゆくが、のちに三つのグループが形成されるようになった。その第一はイエメン、イラク、イランなどに居住するオリエント系で、もっとも古いユダヤ音楽の伝統を保っているといわれている。第二はセファルディムとよばれるスペイン・ポルトガル系ユダヤ人で、スペインとアラビア音楽の影響を受けて豊かな音楽文化を発展させた。またヘブライ語とスペイン語との混合言語であるラディーノ語による民謡(『フランスの王様』など)も生まれた。第三はアシュケナジムとよばれるドイツ・ポーランド・ロシア系ユダヤ人で、その音楽はきわめて表現・技巧的な性格をもっている。のちにヘブライ語とドイツ語の混合言語であるイディッシュ語による民謡(『ドナ・ドナ』など)も形成された。
 一般に離散期のユダヤ音楽には、古い伝統を受け継ぐ一方、居住地周辺の諸民族の音楽を取り入れそれと融合してゆく傾向がある。また離散期にはユダヤ教会(シナゴーグ)における典礼音楽も体系化され、『旧約聖書』の朗誦(ろうしょう)、詩篇(しへん)唱、祈祷歌、讃歌(さんか)などの唱法が整った。さらに18世紀にはアシュケナジムのなかでユダヤ教神秘主義ハシディズムがおこり、きわめてバイタリティーに富んだ讃歌を生み出したが、やがてそれは母音唱法によることばのない歌ニーグンに発展していく。[田井竜一]

現代ユダヤ

19世紀末以降シオニズム運動のもとでパレスチナに移住を開始したユダヤ人は、出身地ではぐくんできた豊かな音楽文化を持ち寄った。また1948年のイスラエル建国以後は、現代ヘブライ語によるフォーク・ソング(『マイムマイム』など)も多数生まれている。さらにユダヤ人のアメリカへの移住は20世紀に入って頂点に達したが、やがてポピュラー音楽を中心に、ユダヤ系アメリカ人の音楽家がアメリカのみならず世界の音楽界に広く影響を与えるに至った。その一例として、本来はイディッシュ劇場のための作品であったミュージカル『屋根の上のバイオリン弾き』(シェルドン・ハーニック作詞、ジェリー・ボック作曲、1964初演)をあげることができる。[田井竜一]
『水野信男著『ユダヤ民族音楽史』(1980・六興出版) ▽水野信男著『ユダヤ教の聖歌』(1986・エルサレム宗教文化研究所)』

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ユダヤ音楽の関連キーワードユダヤ暦セム族猶太ユダヤ戦争ユダヤ自治州反ユダヤ主義リビアのユダヤ人ユダヤ教の聖典ユダヤ教音楽ラビのユダヤ教

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone

ユダヤ音楽の関連情報