コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ヨーク(公) ヨーク[こう]York, Edmund of Langley, 1st Duke of

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ヨーク(公)
ヨーク[こう]
York, Edmund of Langley, 1st Duke of

[生]1341.6.5. キングズラングリー
[没]1402.8.1. キングズラングリー
イングランド王エドワード3世の第5子,ヨーク家の創始者。本名エドマンド・オブ・ラングリー。妻はカスティリア=レオン王ペドロ1世の娘イザベル。1362年ケンブリッジ伯,1385年ヨーク公となる。平凡な人物で,しばしば大陸に遠征したが成果はなく,またランカスター公ヘンリーが 1399年リチャード2世を廃して即位し,ヘンリー4世を称したときも抵抗することなくこれを承認した。

ヨーク(公)
ヨーク[こう]
York, Edward, 2nd Duke of

[生]1373頃
[没]1415.10.25. アザンクール
イングランド王エドワード3世の孫。初代ヨーク公エドマンド・オブ・ラングリーの長男。リチャード2世の寵臣で,重く用いられたが,ヘンリー4世の即位後はこれに仕え,1402年王の代理としてアキテーヌに駐在中,父の死により2代ヨーク公となる。 05年の反王陰謀の容疑で一時投獄されたがまもなく釈放され,百年戦争に参加してアキテーヌに行き,アザンクールの戦いで戦死。彼はまたイングランド最古の狩猟書『狩猟の名人』 Master of Gameの著者でもある。

ヨーク(公)
ヨーク[こう]
York (and Albany), Frederick Augustus, Duke of

[生]1763.8.16. ロンドン
[没]1827.1.5. ロンドン
イギリスの軍人。国王ジョージ3世の次男。 1780年陸軍に入り,81~87年ハノーバーで軍事教育を受け,84年陸軍中将に昇進,ヨークおよびオールバニ公に叙せられた。 93~95年フランドル派遣軍司令官,95年陸軍元帥,98~1809年イギリス陸軍総司令官,1799年オランダに遠征。軍事上の功績には顕著なものが認められなかったが,兵士の福祉のための種々の改革を行い人気を得た。今日の陸軍大学校陸軍士官学校前身となった軍人養成学校の創立者としても知られている。

ヨーク(公)
ヨーク[こう]
York, Richard, 3rd Duke of

[生]1411.9.21.
[没]1460.12.30. ヨークシャー,ウェークフィールド近郊
イングランド王位要求者。エドワード4世リチャード3世の父。初代ケンブリッジ伯リチャードとアン・モーティマーの子。伯父の2代ヨーク公エドワードを継いで3代ヨーク公となり,母方の叔父エドマンド・モーティマーからマーチ伯,アルスター伯を譲られて広大な土地を領有,最有力貴族となった。ヘンリー6世が精神に障害をきたしたとき (1453) 摂政になり,血統による王位継承の優先権を主張,ヘンリー6世の回復とともに王との妥協が成立。王死後の王位を約束されたが,王子の廃嫡に不満の王妃マーガレットサマセット (公) エドマンド・ボーフォートらランカスター派との抗争が生じ (→バラ戦争 ) ,1460年 12月 30日ウェークフィールドで包囲され,殺害された。王位への要求は,長男エドワード4世によって実現した。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

ヨーク(公)の関連キーワードウェークフィールドの戦いケンブリッジ(伯・公家)ティルコーネル(伯)セーラ ファーガソンウィリアム ジレットエドマンド ヨークエドワード[4世]ニューヨーク[州]あっぱれクライトンエドワード(4世)マールバラ(公妃)リチャード[3世]メアリー[モデナ]ジェームズ[2世]シャフツベリー伯ヘンリー[6世]メアリー(2世)ライ・ハウス事件サマセット(公)ダートマス(男)

今日のキーワード

偽計業務妨害罪

虚偽の風説を流布し,または偽計を用いて人の業務を妨害する罪 (刑法 233) 。流布とは,犯人自身が公然と文書,口頭で伝達するほか,口伝えに噂として流す行為も含む。偽計とは人を欺罔,誘惑し,あるいは人...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android