コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ライトモチーフ Leitmotiv

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ライトモチーフ
Leitmotiv

音楽用語。「主導動機」「示導動機」と訳され,ワーグナーの後期の楽劇のなかで,重要な人物,事物,想念などを表わす特定の動機。ドラマの発展に応じて,原形のまま用いられるだけでなく,基本的輪郭をとどめながら,リズム,音程などが変容されて現れ,作品の有機的展開と統一に資する。ワーグナー自身は「基本楽想」と呼んだ。同様の手法は,ワーグナー以後のオペラに広くみられるだけでなく,ロマン派の交響詩でも用いられている。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

デジタル大辞泉の解説

ライトモチーフ(〈ドイツ〉Leitmotiv)

オペラ標題音楽などで、特定の人物・理念・状況などを表現するために繰り返し現れる楽節・動機。ワグナー楽劇によって確立された。指導動機。示導動機。
芸術作品で、根底をなす思想。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

ライトモチーフ【Leitmotiv】

オペラ・標題音楽などの曲中に繰り返し現れる特定の楽句で、楽曲の主要な想念や感情・物事・特定の人物などと結びついているもの。特にワグナーが楽劇中に活用した。主導動機。示導動機。
芸術作品などの主要動機・主題・観念。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ライトモチーフ
らいともちーふ
Leitmotivドイツ語

楽劇のなかでしばしば登場する主題ないし動機で、特定の人物、事物などを象徴する機能をもつが、場合に応じて変形され、楽劇の発展を担ってゆく。ワーグナーはすでに初期のオペラ『さまよえるオランダ人』(1842)、『ローエングリン』(1848)でこの手法をとっているが、理論として確立するのは『オペラとドラマ』(1851)の著作を通じてである。ただしこの名称そのものは用いられておらず、後年、ハンス・フォン・ウォルツォーゲンHans von Wolzogen(1848―1938)のワーグナー研究で初めて使用された。示導動機、主導動機、誘導動機などと訳される。[樋口隆一]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

ライトモチーフの関連キーワードワーグナー(Wilhelm Richard Wagner)ウィリアムズ(John Williams、映画音楽作曲家)オペラ(舞台芸術)ネクラーソフウェーバーモチーフ樋口隆一音楽用語ルイーズ史学史楽句

今日のキーワード

桃李もの言わざれども下自ら蹊を成す

《「史記」李将軍伝賛から》桃やすももは何も言わないが、花や実を慕って人が多く集まるので、その下には自然に道ができる。徳望のある人のもとへは人が自然に集まることのたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

ライトモチーフの関連情報