コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ラセイタソウ Boehmeria biloba

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ラセイタソウ
Boehmeria biloba

イラクサ科の多年草。北海道南部から本州の太平洋岸に分布し,海岸の岩の間などに生える。茎は群がって生じ,高さ 50cm前後になり,4本の稜があって断面は四角形をなす。初めは毛を密生するが,のちに落ちる。葉は対生し広卵形で質が厚く,先は鋭頭または2~3片に浅裂し,鈍鋸歯がある。7~10月に,葉腋から穂状の花をつける。雌雄同株で,雄花は茎の下方につき穂状または円錐状で,黄白色。雌花は上部について淡緑色,球状に集る。果実は細い楔形,花被には短毛がある。和名は,葉の表面がラシャの一種の羅背板 (らせいた) raxetaに似ているためという。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

百科事典マイペディアの解説

ラセイタソウ

イラクサ科の多年草。本州,北海道の海岸の岩地などにはえる。高さ50〜70cm,葉は対生し,倒卵形で厚く小じわがより,縁にはまるい細鋸歯(きょし)があって,先は2裂することが多い。
→関連項目海岸植物

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ラセイタソウ
らせいたそう
[学]Boehmeria biloba Wedd.

イラクサ科の多年草。厚手でごわごわして、粗い毛を密生する葉の質感をポルトガル語でラセイタraxetaとよぶ羅紗(らしゃ)に似た毛織物に例えたことからこの名がついた。このラセイタに対してかつて羅背板などの漢字があてられたことから、羅背板草などと漢字表記されることもあるが、この漢字表記そのものにはあまり意味はない。茎は固まって出て高さ30~70センチメートルとなり、硬い。葉は対生して茎の上部に集まり、柄(え)があってゆがんだ楕円(だえん)形。左右非対称でしばしば片側に小さな切れ込みが入り、縁(へり)には細かな円鋸歯(きょし)があり、葉脈は表面でへこんで細かな網目をつくる。花序は葉腋(ようえき)につき、穂状で雌雄別となり、下部の葉腋に雄花序、上部の葉腋に雌花序がつく。本種は二倍体で有性生殖を行う点で日本産のヤブマオ属のなかでは特異な存在である。北海道南部と本州東部(西限は和歌山県潮岬(しおのみさき))の海岸岩場に生育し、日本特産である。本州の山口県と四国、九州と徳之島(とくのしま)以北の南西諸島の海岸に生えるニオウヤブマオ(仁王藪真苧)B. holosericea Blume (=B. grandissima Nakai)は有性生殖を行う点で本種に似るが、全体に大きくて葉の鋸歯が粗く、雄花序が分枝して円錐(えんすい)状となる。なお、八重山(やえやま)諸島(与那国(よなぐに)島、石垣島)の海岸にはヤエヤマラセイタソウB. yaeyamensis Hatus.がまれに生えるが、これはラセイタソウよりもヤブマオに近いものである。[米倉浩司]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

世界大百科事典内のラセイタソウの言及

【ヤブマオ】より

…葉裏に白いくも毛があるので,ヤブマオ属の他の種とは容易に区別できる。ラセイタソウB.biloba Wedd.は東北,関東,東海地方の海岸の岩場に普通にみられる日本特産の種で,草丈50cm程度のやや小型な植物である。葉は非常に厚く葉縁の片側につの状の突出部がある。…

※「ラセイタソウ」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

ラセイタソウの関連キーワード矢筈苧麻天鵞絨草天鵞絨枲土豆

今日のキーワード

存亡の機

引き続き存在するかここで滅びてしまうかという非常に重大な時。存亡の秋(とき)。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android