ラバー

精選版 日本国語大辞典「ラバー」の解説

ラバー

〘名〙 (rubber) ゴム。〔外来語辞典(1914)〕
※吉里吉里人(1981)〈井上ひさし〉六「ラケットには、ラバーやスポンジどころかコルクも張っていないらしく」

ラバー

〘名〙 (lover) 恋人愛人
※金色夜叉(1897‐98)〈尾崎紅葉〉続「君の情人(ラヴァ)は君に負(そむ)いたぢゃらうが」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

デジタル大辞泉「ラバー」の解説

ラバー(rubber)

ゴム。「ラバーセメント」

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

世界大百科事典内のラバーの言及

【消しゴム】より

…ラバー消しゴムとプラスチック消しゴムに大別される。メキシコを起源とするゴムが新大陸発見によりヨーロッパに伝えられ〈カウチュクcaouthouc〉と呼ばれていたころ,羊皮や紙についた木炭や鉛筆の跡を消すのには軟らかいパンが用いられていた。…

【ゴム】より

…ただゴムといった場合,一般にはこれを指す。ラバーrubberの語は,1770年にイギリスの化学者J.プリーストリーが,生ゴムでこする(rub)と鉛筆書きの字を消すことができると紹介したのに発するといわれている。なお,rubberを指すドイツ語Kautschukおよびフランス語のcaoutchoucは,アマゾン川流域でのcaa(木)とo‐chu(涙を流す)という語に由来し,また,いわゆるゴムgum(英語),Gummi(ドイツ語)ということばは,弾性ゴムが先に挙げたアラビアゴムなどと同様の植物gum質であると考えてラテン語でgummi elasticmと呼んだことから出ている。…

※「ラバー」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

半夏生

半夏ともいう。七十二候の一つで,本来は夏至後 10日目から小暑の前日までをいったが,現行暦では太陽の黄経が 100°に達する日 (7月1日か2日) を半夏生とし,雑節の一つとして記載している。この頃半...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android