(読み)しょう

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説


しょう

一夫多妻制下における嫡妻以外の配偶者。大化以前に,嫡妻,妾の区分が存在したか否かには疑いがある。古語の「こなみ」「うはなり」の別を,これに擬する説もあるが,確証がない。律令制においては,中国の制にならって,妻妾の制が継受された。しかし,養老の儀制令は,母法を改正して,妾を妻と同じ2等親と定めている。また,『令集解』にみえる解釈においても,妾は「次妻」として取扱われているが,嫡庶の別は,法律とは異なり,多妻間における力関係によって定められる有様であった。上代の次妻,律令制の妾が,配偶者であることは疑いがないが,妾の地位は,婚姻制が,執聟婚より迎婦婚へと変化するにつれて下落の一途をたどった。明治維新後,妾の地位は,『新律綱領』の編者が,復古主義の波に乗って,大宝令制を復活し,妻妾2等親の制を定めたために,妻に準じるものとなった。しかし,この制度については,ヨーロッパ法の立場より反対が唱えられ,1882年施行の旧刑法の立法過程において,激論がかわされた結果,一夫一婦論者,廃妾論者の主唱が勝を制した。そして,旧刑法施行後,ほどなく,妾の登録制も廃止され,妾は貴顕のそれといえども,法律上の地位を失うこととなった。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

デジタル大辞泉の解説

しょう〔セフ〕【×妾】

[名]めかけ。そばめ。
[代]一人称の人代名詞。女性が自分をへりくだって言う語。わらわ。
「―は一層学芸に心を籠め」〈福田英子・妾の半生涯〉

しょう【妾】[漢字項目]

[音]ショウ(セフ)(呉)(漢) [訓]めかけ わらわ
めかけ。「妾宅愛妾妻妾侍妾蓄妾婢妾(ひしょう)

め‐かけ【×妾/目掛(け)】

《目をかけるところから》正妻のほかに、愛し養う女性。二号。「―を囲う」
ひいきにすること。また、そのもの。
「不断―の浜側の色宿に昼過ぎより入らせられ」〈浮・曲三味線・三〉

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

百科事典マイペディアの解説

妾【めかけ】

正妻のほかに養って愛する女。目を掛けるの意。側室,そばめ,上臈などともいう。大化以前には〈うわなり〉等という次妻があったが,これを律令では妾(しょう)と呼び,夫の2等親とした。江戸時代には妾は召使とされたが,維新後の新律綱領では配偶関係を認め夫の2等親と規定。のち廃妾論が唱えられ,1882年旧刑法施行で配偶関係は否認され,一夫一婦制が確立。現行法は妾に対して法律上なんらの地位も認めていない。妾契約は公序良俗に反するから無効とされ,手切金契約については判例は有効・無効に分かれる。妾を置いた場合は夫の貞操義務違反として離婚の原因となる。

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

世界大百科事典 第2版の解説

めかけ【妾】

正妻のほかに愛し扶養する女のこと。蓄妾の存在は,性的欲求のほかに,子を得るため,経済的誇示のため,などの理由がある。江戸時代,とくに武家社会では,家の継承者として男系子孫を得ることが強く望まれていたから,正妻に男子が生まれない場合は,養子による方法もあったが,めかけによって得ようとすることがしばしば行われ,これは儒者によって倫理的にも肯定されていた。明治になって種々の推移はあったが,法的にめかけは妻と同じ夫の2親等としてあつかわれたとか,戸籍に記載されたり,めかけの生んだ子を父が認知すれば庶子となり,庶出男子は嫡出女子に優先して家督相続ができたというように,直接,間接にめかけの存在は認められた。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

大辞林 第三版の解説

おんなめ【妾】

めかけ。そばめ。おみなめ。 〔和名抄〕

しょう【妾】

( 名 )
めかけ。そばめ。てかけ。 「妻-」
( 代 )
一人称。女性が自分をへりくだっていう語。わらわ。わたくし。 「 -が言をもしばしきかせ給へ/読本・雨月 蛇性の婬

わらわ【妾】

( 代 )
〔「わらわ(童)」と同源〕
一人称。女性が自らをへりくだっていう語。近世では、特に武家の女性が用いた。わたし。 「 -を一人召しおかれなば/平家 1

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

精選版 日本国語大辞典の解説

おうな‐め をうな‥【妾】

〘名〙 正妻の外に、養い愛する女。めかけ。てかけ。おんなめ。〔色葉字類抄(1177‐81)〕

おな‐め をな‥【妾】

〘名〙 (もと、「おんなめ(妾)」の「ん」の無表記形) =おんなめ(妾)
※書紀(720)欽明二三年七月(寛文版訓)「何ぞ一の女を愛みて、禍を取らむや。如何などいへども命に過ぎざらむ。遂に許して妾(ヲナメ)と為」

おんな‐め をんな‥【妾】

〘名〙 (「をむなめ」とも表記) 正妻でない夫人。そばめ。おなめ。
※書紀(720)景行四〇年是歳(寛文版訓)「時に王に従(したが)ひまつる妾(ヲムナメ)有り。弟橘媛と曰ふ」

しょう セフ【妾】

[1] 〘名〙 嫡妻以外で、夫婦の関係にある女。めかけ。てかけ。そばめ。
源平盛衰記(14C前)三八「小宰相局は、仮初(かりそめ)の眤(むつ)び也。妾(セウ)にてぞ御座(おはし)ましける」 〔礼記‐曲礼下〕
[2] 〘代名〙 自称。女性が自分を謙遜していう語。わらわ。わたくし。
※読本・雨月物語(1776)蛇性の婬「まことにさこそおぼさんはことわりなれど、妾(シャウ)が言(こと)をも、しばしきかせ給へ」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

世界大百科事典内のの言及

【賤民】より

… 中国における奴婢(奴隷と同義)の起源ははなはだ古く,甲骨文にもみえているが,その発生の状況を明らかにすることはできない。先秦時代には臣・妾と称せられたが,漢代以後,奴・婢という言葉に置きかえられ,唐代にいたった。原則として,男の奴隷を奴,女の奴隷を婢といった。…

【婚姻】より

…ただ近世中期以降,下級武士の困窮ははなはだしく,商人や豪農の財力を目当てに結婚したり,持参金の多寡を問題にすることが多くなっていった。最後に妾について触れると,豊臣時代妾を置くことは大名でも1,2名に限るよう命じていたが,江戸時代ではとくに制限はなく,経済力に応じて妾を抱えることが通例となった。しかし妾は子を生んだとしても主人の家族ではなく使用人の身分であったので,妾の地位はきわめて低かった。…

【庶子】より


[日本]
 庶子の語は中国に由来し,日本古代の律令の諸規定では嫡子と庶子が区別され嫡子優遇政策が取られている。しかし当時,家の継承者としての嫡子が存在しなかったのでそれと区別された庶子も存在せず,また嫡妻と妾の区別が行われなかったので,嫡出子と区別された庶子も存在しなかった。したがって当時庶子という概念もそれを表現する日本語もなかった。…

【中国】より

…もちろん一村一部落全体が同姓などというのは珍しくないが,それもただ独立の家が集まって村を成しているというのみで,特別に団結力に富むというわけでもなく,何の変哲もないものらしい。ただ,中・上流の場合,旧中国での家族は〈一夫一婦多妾〉制でたちは同じ邸内に住むし,結婚した子供たちが父母や祖父母と同じ屋根の下もしくは同じ郭に住むことが多く,特殊なわずらわしさがある。妾は下流社会から買われることが多いが,決して日蔭者ではない。…

※「妾」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

政党要件

公職選挙法などが規定する、政治団体が政党と認められるための条件。国会議員が5人以上所属するか、直近の総選挙、直近とその前の参院選挙のいずれかにおいて、全国で2パーセント以上の得票(選挙区か比例代表かい...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

妾の関連情報