一夜妻(読み)イチヤヅマ

デジタル大辞泉の解説

いちや‐づま【一夜妻】

《一夜だけの妻の遊女娼婦。ひとよづま。

ひとよ‐づま【一夜妻/一夜夫】

(一夜妻)
㋐一晩だけ関係を結んだ相手の女性。また転じて、遊女・娼婦。いちやづま。
㋑織女星。
(一夜夫)一晩だけ関係を結んだ相手の男性。
「我が門に千鳥しば鳴く起きよ起きよ我が―人に知らゆな」〈・三八七三〉

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

いちやづま【一夜妻】

〔一夜だけ連れ添う妻の意〕
娼婦。ひとよづま。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

精選版 日本国語大辞典の解説

いちや‐づま【一夜妻】

〘名〙 (一夜だけの妻の意から) 遊女の類。ひとよづま。いちやおんな。
浮世草子・近代艷隠者(1686)二「化(あだ)に通ひし一夜(ヤ)づま、迷ひに妄(ぼう)をかさねし傾婦の枕」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

人望

信頼できる人物として、人々から慕い仰がれること。「人望を集める」「人望を失う」...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android