コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ラビン ラビンRabin, Yitzhak

4件 の用語解説(ラビンの意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ラビン
ラビン
Rabin, Yitzhak

[生]1922.3.1. エルサレム
[没]1995.11.4. テルアビブ
イスラエルの軍人,政治家。農学校で学んだあと,イスラエル国防軍の前身ハガナーの戦闘部隊で活躍。 1948年のパレスチナ戦争 (第1次中東戦争 ) ではエルサレム地域で戦い,56年にはイスラエル国防軍北部方面司令官に就任。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

デジタル大辞泉の解説

ラビン(Yitzhak Rabin)

[1922~1995]イスラエルの政治家、第6代、11代首相。在任1974~1977、1992~1995。イスラエルとアラブの和平を推進し、1993年にはオスロ合意に調印。1994年にはヨルダンとの間に平和条約を締結。同年、アラファトペレスとともにノーベル平和賞を受賞した。1995年、和平反対派の青年に銃撃され死亡。

出典|小学館
デジタル大辞泉について | 情報 凡例

百科事典マイペディアの解説

ラビン

イスラエルの軍人,政治家。エレサレム生れ。イスラエル軍参謀総長などをへて1973年国会議員に初当選。労働党党首として同国首相(1974年―1977年)。国防相(1984年―1990年)をへて1992年再び首相。
→関連項目イスラエル労働党

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
百科事典マイペディアについて | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ラビン
らびん
Yitzhak Rabin
(1922―1995)

イスラエルの軍人、政治家。エルサレムに生まれ、カドーリー農業学校卒業。1940年ユダヤ人自衛組織ハガナのゲリラ部隊パルマッハに参加し、1944年以降イギリス委任統治政府に対する地下抵抗運動を行う。1947年パルマッハ副司令官となり、1948年の独立戦争ではエルサレム戦線を指揮した。1949年ロードス島での休戦交渉ではイスラエル代表団の一員。1953年イギリス陸軍大学卒業。北部方面司令官、参謀次長を経て、1964年参謀総長に就任し、1967年の第三次中東戦争でイスラエル軍を指揮した。1968年に退役してから1973年まで駐米大使。その後、連合党から国会議員に当選し、1974年3月ゴルダ・メイア内閣の労相に就任。1974年5月~1977年4月労働党党首。また、1974年5月~1977年6月首相。1992年より再び首相、中東和平への貢献で1994年ノーベル平和賞受賞。1995年テル・アビブ開かれた中東和平集会の際にユダヤ人青年によって暗殺された。[伊能武次]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

ラビンの関連キーワードブラジル文学宮嶋資夫宗谷本線日本共産党チーホノフ岡村司クニッピングスコット田中源太郎ノット

今日のキーワード

百条委員会

地方自治体が議決により設置する特別委員会の一つ。名称は「地方自治法第100条」に基づく。百条委員会は、地方公共団体の事務に関する調査を行い、関係者への聞き取りや記録の提出を請求、拒否した者には罰則が科...

続きを読む

コトバンク for iPhone

ラビンの関連情報