コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ラピス・ラズリ lapis-lazuli

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ラピス・ラズリ
lapis-lazuli

ラズライト,デイオプサイト,カルサイトを主成分とする青,青紫色の鉱石。前 3000年のエジプト時代から宝石として珍重された。東洋では七宝の一つである瑠璃 (るり) のこと。藍青色,不透明で,カルサイトの白い条痕や黄鉄鉱黄金色の条痕をもつものが多く,夜空の星にたとえられている。硬度 5.5,比重 2.85,屈折率 1.50。アフガニスタンシベリア,チリ,カナダが主産地。日本では群青 (ぐんじょう) と呼ばれて,粉末にして絵具に使われた。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

ラピス・ラズリの関連キーワードシャフリ・ソフタ遺跡ウルトラマリンアムラー文化インダス文明ウバイド期天藍石ラズ

今日のキーワード

首相指名

首相(内閣総理大臣)は国会議員の中から国会の議決で指名する(憲法67条)。衆参両院が異なった人を指名した場合、両院協議会でも意見が一致しない時は、衆院の議決を国会の議決とする。首相は文民でなければなら...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

ラピス・ラズリの関連情報