コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ラロシュフーコー ラロシュフーコーFrançois de La Rochefoucauld

2件 の用語解説(ラロシュフーコーの意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

ラ‐ロシュフーコー(François de La Rochefoucauld)

[1613~1680]フランスモラリストフロンドの乱に参加。代表作「箴言(しんげん)集」で人間性の鋭い分析を的確に表現した。

出典|小学館
デジタル大辞泉について | 情報 凡例

大辞林 第三版の解説

ラロシュフーコー【François de La Rochefoucauld】

1613~1680) フランスのモラリスト。ペシミスティックで辛辣しんらつな人間性批判の書「箴言録しんげんろく」で知られる。

出典|三省堂
大辞林 第三版について | 情報

ラロシュフーコーの関連キーワードボールビコント城徳川家綱難波鉦徳川家綱句合インドシナ難民と神奈川県慶長遣欧使節団蓮華寺池日本スペイン交流400周年サン・ファン・バウティスタ号

今日のキーワード

百条委員会

地方自治体が議決により設置する特別委員会の一つ。名称は「地方自治法第100条」に基づく。百条委員会は、地方公共団体の事務に関する調査を行い、関係者への聞き取りや記録の提出を請求、拒否した者には罰則が科...

続きを読む

コトバンク for iPhone