ラーマ(1世)(読み)らーま(英語表記)Rama Ⅰ Chaophraya Chakri

  • 1736―1809
  • 1世
  • Rama Ⅰ

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

タイのバンコク朝(チャクリ朝、ラタナコーシン朝)の創設者(在位1782~1809)。1782年精神錯乱に陥ったタークシンの後を受けてタイ国王に推挙されると、王宮をトンブリー対岸に移し、ここに新都を建設して、クルンテープ(通称バンコク)と名づけた。アユタヤ朝の繁栄の再興を目ざした王は、まず国民の精神的統合の中核を仏教に求め、経律の「結集(けつじゅう)」によって弛緩(しかん)した仏教サンガの規律を確立し、乱れていた法制の再建を図るため『三印法典』を制定して国内秩序回復の基礎を置いた。王はまた盛んに文芸を奨励した。『ラーマキエン』『イナオ』『サームコック(三国志)』などはこの時代の作品である。

[石井米雄]

『L・サヤマナン著、二村龍男訳『タイの歴史』(1978・近藤出版社)』

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

今日のキーワード

ノーブレスオブリージュ

《「ノブレスオブリージュ」とも》身分の高い者はそれに応じて果たさねばならぬ社会的責任と義務があるという、欧米社会における基本的な道徳観。もとはフランスのことわざで「貴族たるもの、身分にふさわしい振る舞...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android