コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

リチャード[コーンウォール] リチャード[コーンウォール]Richard

翻訳|Richard

1件 の用語解説(リチャード[コーンウォール]の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

リチャード[コーンウォール]
Richard

[生]1209.1.6. ウィンチェスター
[没]1272.4.2. バーカムステッド城
イングランド王ジョンの二男。1227年コーンウォール伯。兄のイングランドヘンリー3世にしばしば反抗し,反国王派貴族の一中心であった。1236年十字軍に従軍し武勲をあげた。対外的には大空位時代ドイツ皇帝の継承をめぐる紛争に介入し,皇帝候補者として名のりをあげ,1257年にはローマ王に選出されたが,ドイツに勢力を広めようという野望は実現しなかった。1263年バロン戦争のときには,兄ヘンリー3世を助けたが,王とともに捕えられ,1265年王軍の勝利により解放。1271年息子ヘンリーが暗殺されて致命的な打撃を受け,翌 1272年死亡した。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

リチャード[コーンウォール]の関連キーワード貿易インバランス玉蕊許衡日野川近代秀歌宅磨勝賀トベーリフランシスコ会安嘉門院顕昭

今日のキーワード

エンゲルの法則

家計の総消費支出に占める飲食費の割合 (エンゲル係数 Engel coefficientと呼ぶ) は,所得水準が高く,したがって総消費支出が大きいほど低下するというもの。エンゲル係数は国民の消費生活面...

続きを読む

コトバンク for iPhone