コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

リッケルト リッケルト Rickert, Heinrich

6件 の用語解説(リッケルトの意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

リッケルト
リッケルト
Rickert, Heinrich

[生]1863.5.25. ダンチヒ(現グダニスク)
[没]1936.7.30. ハイデルベルク
ドイツの哲学者,新カント派の西南ドイツ (バーデン) 学派の代表者。 1891年 A.リールのあとをうけてドイツのフライブルク大学教授,次いで 1916年ハイデルベルクに移り W.ウィンデルバントの後継者となった。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉の解説

リッケルト(Heinrich Rickert)

[1863~1936]ドイツの哲学者。西南ドイツ学派の代表者の一人で、先験的観念論を徹底化した。文化科学自然科学との方法論の違いを解明し、個性記述の学としての歴史科学の独自な方法論を展開した。著「認識の対象」「文化科学と自然科学」など。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

百科事典マイペディアの解説

リッケルト

ドイツの哲学者。新カント学派西南ドイツ学派の代表者。ウィンデルバント価値哲学を継承し,判断は是認または否認の価値判断であり,価値は時空を越えた普遍妥当性をもつとする。
→関連項目ウェーバー価値哲学九鬼周造形式主義精神科学高橋里美羽仁五郎三木清

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

世界大百科事典 第2版の解説

リッケルト【Heinrich Rickert】

1863‐1936
ドイツの哲学者で新カント学派の一つである西南ドイツ学派の完成者。彼は対象を,非合理的な内容と合理的な形式の結合とみ,対象の認識とは,ある主語(内容)と述語(形式)を結び付けるべきで,そうすることには価値がある,とみなす判断,つまり価値判断であるとする。彼はまた,認識は多様な現実の中から知るに値するものだけを選択して把握するものであること,自然科学が絶えず繰り返される一般的法則だけを把握しようとするのに対して,歴史科学は,政治・経済・芸術などの文化価値からみて重要な個別的特徴だけを把握する〈価値関係的〉なものであることを主張した。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

大辞林 第三版の解説

リッケルト【Heinrich Rickert】

1863~1936) ドイツの哲学者。西南ドイツ学派の代表者の一人。師ウィンデルバントを受け継ぎ、自然科学に対する文化科学の独自性を主張、さらに認識や存在の根底に価値を前提する哲学体系を構想した。著「認識の対象」「文化科学と自然科学」

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

リッケルト
りっけると
Heinrich Rickert
(1863―1936)

ドイツの哲学者。ウィンデルバントによって創始された新カント学派の一つ、西南ドイツ学派の大成者。ダンツィヒ(現、グダニスク)に政治家の子として生まれる。ベルリン、ストラスブールに学んだのち、フライブルク、ハイデルベルク両大学の教授を務めた。ヘーゲル的な形而上(けいじじょう)学的思弁と、実証主義、心理主義、歴史主義によってもたらされた当時の生の哲学に代表される相対主義的傾向に反対し、カントの批判主義の精神をくんで諸科学の可能性の認識論的基礎づけから出発して、超越論的論理主義的見地にたつ体系的な文化哲学、価値哲学の樹立を企図した。すなわち彼は、本来の認識の対象は存在ではなくて当為、事実ではなくて意味あるいは価値であり、こうした主観・客観の彼岸にある超越的価値の領域、つまり無時間的に妥当する絶対的な文化価値そのものを探究し、確定するのが哲学の課題と考え、真、美、聖、幸福などの概念を取り出しつつ、文化一般の意味の解明を行った。またこれと関連してウィンデルバントの思想を継承発展させ、普遍化的方法をとる自然科学に対して、個性化的概念構成の方法によって一回的、個別的なものを把握する歴史科学ないしは文化科学の特質を明らかにした。
 こうした科学方法論は、マックス・ウェーバーをはじめとして現代の精神科学あるいは社会科学をめぐる議論に大きな影響を及ぼした。主要な著作として『認識の対象』(1892)、『文化科学と自然科学』(1899)、『哲学の体系』(1921)などがある。[伊東祐之]
『山内得立訳『認識の対象』(岩波文庫) ▽豊川昇・佐竹哲雄訳『文化科学と自然科学』(岩波文庫)』

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典内のリッケルトの言及

【文化科学】より

…19世紀の末以来の用語。ウィンデルバントやリッケルトは歴史ないし歴史的諸学が自然科学と異なる点に注目し,その結果,リッケルトやM.ウェーバー,さらにはカッシーラー等によって自然科学に対する諸学の総称として従来の精神科学の代りに用いられるようになった。リッケルトは価値から離れた自然の法則を一般化的方法により把握する自然科学に対し,文化価値を賦与された文化形態の個性化的方法による把握を文化科学と呼ぶ。…

※「リッケルト」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

リッケルトの関連キーワードウィンデルバントカント学派西南ドイツ学派トレルチナトルプ文化哲学マールブルク学派価値哲学新カント学派フォイエルバッハ

今日のキーワード

大寒

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の 12月中 (12月後半) のことで,太陽の黄経が 300°に達した日 (太陽暦の1月 20日か 21日) から立春 (2月4日か5日) の前日までの約 15日間で...

続きを読む

コトバンク for iPhone

リッケルトの関連情報