コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

リハーサル rehearsal

翻訳|rehearsal

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

リハーサル
rehearsal

演劇,舞踊,音楽などの練習,試演をいう。舞台劇舞台衣装を着けて行うドレス・リハーサルなどは普通は公開されないが,オペラや管弦楽などの総練習ゲネプロ (Generalprobeの略) と称し,公開する場合もある。運動会など行事の総練習もリハーサルと呼ぶ。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

デジタル大辞泉の解説

リハーサル(rehearsal)

演劇・音楽・放送などで、本番前に行うけいこ。予行演習

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

ナビゲート ビジネス基本用語集の解説

リハーサル

記憶理論においては、短期記憶で一時的に保持されている情報を何度も反復すること。これによって情報がそのまま失われるのを防ぎ、より長い時間保持できるようになる。リハーサルには、短期記憶内の情報を単純に反復することで意識に留める維持的リハーサルと、短期記憶内の情報を長期記憶内の知識体系に結びつける精緻化リハーサルの2種類がある。

出典|ナビゲートナビゲート ビジネス基本用語集について | 情報

大辞林 第三版の解説

リハーサル【rehearsal】

放送・映画・演劇・演奏などの下げいこ。予行演習。 「カメラ--」

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

世界大百科事典内のリハーサルの言及

【記憶】より

…とくに,記憶を短期間だけ保持しておく役割をもつ“短期記憶”の領域においては,積極的に情報処理に携わる機能をもつ作動記憶working memoryという概念の登場によってその理論の変更を迫られつつある。これにともない,記銘すべき情報を繰り返し唱えることで短期貯蔵庫から長期貯蔵庫への移行を促す役割をもっていた“リハーサル”の概念もしだいに変わりつつある。また,計算や推理,問題解決といった日常的な認知活動への注目から,記憶を管理するための記憶である“メタ記憶”の複雑な処理をテーマとした研究も盛んになっている。…

※「リハーサル」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

リハーサルの関連キーワードリハーサル・マーク[rehearsal mark]ゲネプロ[generalprobe(独)]ロバート(3世) アービングテリー・J.G. ギブスペーター ダイクストラNoism(ノイズム)ウィリアム ダニエルズパトリック マクニージョン ファディスハロルド アーレンロビン ケニヤッタスティーブ クエイみくに文化未来館サウンドチェックケニー オルテガジミー マキュードレスリハーサルボブ ドハーティドン セベスキードライリハーサル

今日のキーワード

分水嶺

1 分水界になっている山稜(さんりょう)。分水山脈。2 《1が、雨水が異なる水系に分かれる場所であることから》物事の方向性が決まる分かれ目のたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

リハーサルの関連情報