コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

リビドー リビドーlibido

翻訳|libido

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

リビドー
libido

精神分析の用語。 S.フロイトによれば,性本能を発現させる力またはエネルギーで,快感追求的な性質をもつ。いわゆる性欲よりは広い概念で,小児期から存在して人間行動を強く支配し,口愛期,肛門愛期男根期,潜在期,性器愛期と発達して次第に性愛の対象へ注がれるようになる。これが抑圧されると神経症的症状となって現れるし,対象へ向わず自己へ向けられるとナルチシズムに陥るとした。のちにフロイトは死の本能に対する生の本能の原動力にまで広げて用いた。 C.G.ユングはあらゆる衝動の源泉となる心的エネルギーをさすのに用いた。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

デジタル大辞泉の解説

リビドー(〈ラテン〉libido)

精神分析で、人間に生得的に備わっている衝動の原動力となる本能エネルギー。フロイトは性本能としたが、ユングは広く、すべての行動の根底にある心的エネルギーとした。

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

百科事典マイペディアの解説

リビドー

精神分析用語。フロイトは人間の性本能の基底となるエネルギーをリビドーlibido(ラテン語で強い欲望の意)と名付け,その発達は口唇期肛門期,男根期,潜在期,そして思春期の性器期へと展開するが,それぞれの段階に応ずる性感帯,充足の目標・対象をもつとした。
→関連項目イド

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて | 情報

世界大百科事典 第2版の解説

リビドー【libido】

本来ラテン語で強い〈欲望〉を意味する語。性科学者モルA.Mollは,これを〈性衝動〉の意味,つまりリビドー・セクスアリスlibido sexualisの意味に限定して用い(1898),さらにS.フロイトによって精神分析理論の一核心をなすリビドー理論に導入されることになる。フロイトはこの用語をモルから借用したと述べている。フロイトのリビドー概念は彼の生涯の間で変遷した。初期の理論では,リビドーとは性的なエネルギー(その表現は多様な心的・身体的表現をとりうる)であり,〈自己保存本能〉(自我本能)とは対立するものとされていた。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

大辞林 第三版の解説

リビドー【libido】

〔欲望の意〕
フロイトの用語。性的衝動の基になるエネルギー。また、ユングでは、あらゆる行動の根底にある心的エネルギーを広くいう語。

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

リビドー
りびどー
libido

精神分析の用語。もとはラテン語で欲望、欲情を意味するが、A・モルAlbert Moll(1862―1939)は性衝動という意味に用いた(1898)。また、S・フロイトはこれを借用して、人間に生得的に備わっている「本能」エネルギーという意味で、この語を精神分析の概念として使った(1905)。[久保田圭伍]

フロイトのリビドー観

フロイトの本能についての考え方は3回変わるが、それに応じてリビドーの見方も変化した。初期(1905~1914)においては、リビドーは自我本能(自己保存の本能)に対立している性本能(種族保存の本能)に基づく性的エネルギーという意味で用いられた。中期(1914~1920)になると、自我本能は性本能の一部とみなされた。つまり性本能は、リビドーが自己以外の対象に向けられた対象リビドー(対象愛)と自己に向けられた自我リビドー(自己愛(ナルシシズム))とに分けられ、自我本能は後者の特殊な形態と考えられた。晩年(1920年以降)、第一次世界大戦を契機として、フロイトは生の本能eros instinctに対立するものとして、死の本能death instinctを提唱した。これは、死によって無機物の不変性に回帰しようとする欲求であり、タナトスthanatosあるいはデストルドーdestrudoとかモルティドーmortidoともよばれている。これに対し生(エロス)の本能は、より大きな統一を生み出し、それを維持しようとする統合の欲求である。フロイトは、この生(エロス)の本能によって用いられるエネルギーをリビドーとよんだのである。
 リビドーという概念は、19世紀に急速に発達した物理学のエネルギー保存の法則の影響を受けたと考えられる。たとえば、対象リビドーが減少すると、自我リビドーが増大するというように。このようにリビドーは量的な概念であるというところにその特徴がある。
 本能エネルギーとしてのリビドーは、人間に生得的に備わっているが、人間の成長とともに次のような段階を経て発達する。口唇期、肛門(こうもん)期、男根期(エディプス期ともいう)などを経て性器期に至る。リビドーはこれらの各段階に対応した性感帯と充足の目標あるいは対象をもつが、充足が得られず、リビドーが鬱積(うっせき)すると不安を生み出す(鬱積不安という)。また、リビドーがある対象に向けられたままの状態にとどまっているとき、それを固着とよぶ。これはさらに発達の逆戻り、すなわち退行を引き起こす。このように、リビドーがそのエネルギーの放出する道を断たれて蓄積されていくと、やがて神経症の症状形成がなされることになる。[久保田圭伍]

フロイト以後

フロイト以後、リビドーということばは多数の研究者によって用いられたが、その意味するところは一定しているわけではない。フロイトの場合、リビドーは性的要素が濃厚であった。しかしそれだけに限定せずに、広く心的(精神的)エネルギーの意味をも含めてこの語を用いる人たちもいる。フロイトから決別して分析心理学を創始したユングはその代表的人物で、彼はリビドーが象徴(シンボル)によって変容し、それによって種々の精神的な創造活動が生じると考えた。[久保田圭伍]
『S・フロイト著、懸田克躬訳『精神分析学入門』(2001・中央公論新社) ▽C・G・ユング著、野村美紀子訳『変容の象徴』上下(ちくま学芸文庫)』

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

世界大百科事典内のリビドーの言及

【愛】より

… 英語〈love〉,ドイツ語〈Liebe〉などは,印欧原語〈leubh〉にさかのぼることができ,〈愛・あこがれ・親しみ〉など,広い意味をもっていた。フロイトの〈リビドー〉の原語である,ラテン語〈libido〉は,〈激しい欲望〉を本義とする,この群に属する語である。 ギリシア語〈erōs〉は,〈性愛〉を指すのが普通であった。…

【性欲】より

…動物のように,ホルモン支配の強い周期的発情期のほとんどない人間の場合,それだけ大脳新皮質との関連が強まっているといえよう。
[性欲の発達]
 性欲への大脳新皮質の関与という点では,性欲をより発展させ深めた心理学的概念にリビドーlibidoの概念がある。S.フロイトは性的エネルギーをリビドーとよび,その段階的展開として,幼小児期から,口唇期,肛門期,男根期と進み,成人になると性器期として成熟すると説いている。…

【愛】より

…また,〈合一の欲求〉が,本来の利己性を超えて,対象の利益の顧慮から,〈自己犠牲〉にまで進むことも,強烈な〈情緒〉と〈苦楽〉をともなうことも,納得がゆく。 しかし,フロイトの説く〈リビドー〉と異なり,万有の本源から発して,全存在に遍満しなければならない,〈ある単一の力〉とは,いったいなにか。それが,なぜ,いかにして,〈合一の欲求〉を生じさせるのか。…

【イド】より

…精神分析の用語で,超自我自我とともに人格を構成する三つの領域の一つとされ,ドイツ語でエスEsともいう。イドは性衝動(リビドー)と攻撃衝動の貯水池で,完全に無意識であり,遺伝的要素を主としているが,いったん意識化され,のちに抑圧されて再び無意識となった後天的要素も含む。善悪や損得の認識を欠き,時間や空間のカテゴリーもなく,矛盾を知らず,ひたすら満足を求める盲目的衝動から成っている。…

【固着】より

…S.フロイトの基本概念の一つ。後年になっても,リビドー発達の早期の諸段階(口唇期,肛門期,男根期)に過剰な精神エネルギー(リビドーと攻撃性)が付与されたままになっている状態。したがってその段階に特有な本能衝動のあり方,その充足方法,防衛機制がその後も存続することになる。…

【精神分析】より

… フロイトは,精神生活の中には一種のエネルギーが活動していると仮定する。生体の成長,維持,発展,すなわち結合を目的とするエロスのエネルギーをフロイトはリビドーとよぶ。精神性的発達はリビドーの発達史でもある。…

【性欲】より

…動物のように,ホルモン支配の強い周期的発情期のほとんどない人間の場合,それだけ大脳新皮質との関連が強まっているといえよう。
[性欲の発達]
 性欲への大脳新皮質の関与という点では,性欲をより発展させ深めた心理学的概念にリビドーlibidoの概念がある。S.フロイトは性的エネルギーをリビドーとよび,その段階的展開として,幼小児期から,口唇期,肛門期,男根期と進み,成人になると性器期として成熟すると説いている。…

※「リビドー」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

リビドーの関連キーワードリオタール(Jeanアブラハム(Karl Abraham)カール・グスタフ ユングアルフレッド アドラーカール アブラハム昇華(精神分析)パーソナリティ新フロイト派ナルシシズムリオタールカセクシス個人心理学アブラハム帰属意識和泉夏子快感原則ホーナイ性的外傷向性検査対象愛

今日のキーワード

俳句甲子園

1998年から松山市で開かれる全国高等学校俳句選手権大会。高校生が5人1組で句の優劣をディベートで競い合う。チームでの勝敗とは別に、個人の最優秀句も選ぶ。今年は過去最多の41都道府県から121校、15...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

リビドーの関連情報